フリーローンの審査に通過する!

 

あなたに合ったフリーローンを見つけよう

フリーローンとは、カードローンやフリーローンと同じでカードを利用してお金を借りることができるシステムのことです。フリーローンは主に銀行系消費者金融系と2種類に区別することができます。
2つの系統は借り入れする際に大差はありません。ただし、系統ごとに長所が別れている部分もあります。以下に系統ごとの長所をまとめましたので、悩んでいる方は参考にしてみてください。

銀行系

親会社が大手銀行やクレジット会社等になっているので、信頼性はピカイチです。不安になりがちなフリーローンでも安心して借りることができるのではないでしょうか。スペックや信頼度は高いのですが、若干審査の条件が厳しい場合もあるのでどうしても審査が不安な方には、消費者金融系のフリーローンをお勧めします。

 

おすすめ銀行系ローン→オリックス銀行カードローン

消費者金融系

今までのノウハウが生かし、借り手側のニーズに一番応えている傾向があります。銀行系のフリーローンと比べ「審査→借り入れ」までのスピードが速く、即日借り入れOKのところが増えてきました。(今では銀行系も即日対応が増えています)サービスの対応にも定評があります。今すぐ借り入れをしたい方や無利息フリーローンなどサービスを重視する方におすすめです。

おすすめ消費者金融系ローン→アイフル

 

フリーローンランキング

 

ランキング限度額 ランキング低金利

ランキング即日融資 ランキング限度額

フリーローンを選ぶコツ

フリーローン

フリーローンを利用する際に必ず押さえておきたいのが、返済方法や金利についてです。金利については当たり前の話ですが、出来るだけ低めのものを選択しましょう。また、返済方法は借り入れ前に契約内容を確認しましょう。いつ、いくらごと、期間、どんな方法で……といった内容を把握しておき、余裕を持った返済方法を組むようにしましょう。

まずはシミュレーションを

最近のフリーローンは、システムが進歩したおかげで、ネットから簡単にローンに関してのシュミレーションが出来るようになりました。PCや携帯からもシュミレーションOKなので、実際に借り入れを行う前に必ずシュミレーションを行うようにしましょう。シュミレーションをしておくことで不安を取り除き、借り入れに関して明確にしておくことがフリーローンと付き合うためには大事なことです。大体の金融業者が対応しているので、あらかじめ金融業者ごとに調査し、損をしない自分にあったフリーローンを選択するようにしましょう。

 

信用力を持った人はフリーローンの審査に有利

審査に通りやすい人

フリーローンの審査に有利な人とは、貸したお金をきちんと返済してくれる十分な信用力を持っている人となります。返済をするための資金は稼いでないといけません。そこで審査の中でチェックされる項目として、その人の収入があります。収入は多く稼いでいるよりも、毎月安定した収入を得ている人の方が審査に有利といえます。ですから給与所得者であるサラリーマンや公務員は、フリーローンの審査の中では評価は高いです。逆にフリーターやパートタイマーのような収入が少なく、安定していない人は審査で不利になることがあります。サラリーマンでも、勤続年数が重視されます。長く働いている人の方が、より安定した収入を今後も期待できるからです。できれば勤続年数は1年以上あった方がいいでしょう。転職を検討している人は、転職前に申し込みすることをおすすめします。
また過去の借り入れ状況も、フリーローンの審査には大きく影響します。多額の借入をしている人、借入件数の多い人は、どうしても審査は厳しくなってしまいます。できるだけ現在の借入があれば、返済をしておくことが、大事になります。その他には、返済の滞納がある、債務整理を行ったことがある人は融資の対象にはなりえません。このような事故情報は、個人信用情報機関にしっかり登録されています。フリーローン会社は、この個人信用情報をチェックできる立場にあるので、過去に借り入れを巡るトラブルを起こしたかどうかは、たちどころにわかってしまいます。きちんとした収入があって、過去に借り入れ返済を巡ってトラブルになったことのない人であれば、審査に通る可能性はかなり高いといえます。

フリーローン総合ランキング

アコムおすすめポイント

実質年率 融資枠 無利息間
3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間
審査時間 女性専用 即日振込
最短30分 なし

 

公式サイトへ

オリックス銀行カードローンオリックス銀行カードローン

実質年率 融資枠 無利息間
3.0%〜17.8% 最高800万円 なし
審査時間 女性専用 即日振込
最短即日 なし

※即日振込 ローンカード発行後

 

公式サイトへ

プロミスおすすめポイント

実質年率 融資枠 無利息間
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間
審査時間 女性専用 即日振込
スピーディ審査

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

 

公式サイトへ

アイフルおすすめポイント

実質年率 融資枠 無利息間
4.5%〜18.0% 500万円 なし
審査時間 女性専用 即日振込
最短30分

 

公式サイトへ

おすすめポイント

実質年率 融資枠 無利息間
3.0%〜18.0% 800万円 なし
審査時間 女性専用 即日振込
最短30分 なし ○※

※14:50までの振込手続完了が必要です。

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※審査時間:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

公式サイトへ

 

フリーローンの審査には有利な人や不利な人がいるのでしょうか?

フリーローン審査に有利な人不利な人

 

フリーローンの審査で何よりも求められるのは安定性です。キャッシングを利用するためには、審査に通過する事が条件です。申告した情報や信用情報機関への照会などから、審査は進んでいきます。審査は利用者の返済能力を判断するために行われるものです。そのため、収入がない人は審査に通過することはできません。また、審査では収入の多さよりも安定性を求めるため、月ごとに収入の起伏が激しい人などは、例え高額な収入を得る月があろうとも審査に通過することは困難です。

 

信用情報にトラブル記録が残っている

自己破産や個人再生などの債務整理、長期間に及ぶ滞納や度重なる滞納、時効の援用を用いた踏み倒しや過払い金請求などを行うと信用情報にトラブル記録として残ります。最低でも5年の間消えることはありません。最も審査を不利にする原因が、これらの記録です。債務整理に関しては、会社の倒産時に行っていてもキャッシング審査を不利にします。消費者金融は、返済時に支払われる利息によって利益を生み出しているため、過去にこのような事を行った利用者には貸し出したくないのです。

 

年収の金額と有利な職種

安定性が求められるとは言え、年収の金額が全く関係ないというわけではありません。消費者金融には年収の1/3以上の借入を規制する総量規制もかかってくるため、年収の金額で限度額も変わってきます。年収が多ければ多いほど審査には有利です。しかし安定性が無ければ意味がありません。ある月に100万円稼いで翌月の収入が0円という人よりも5ヶ月間20万円の収入を得続けられる人の方が審査には有利です。そのため、職種に関しても公務員や大手企業に勤めている人の方が職を失うリスクが少ないため、審査には有利になってきます。反対に、自営業やフリーランスの仕事をしている方は、高額な収入が望めることもありますが、毎月の収入を保証できないため審査には不利になります。水商売の人なども同様です。そういった職種よりも、パートやアルバイト、派遣社員のような非正規雇用の人の方が審査には有利でしょう。実際、非正規雇用の人でも利用できる事を大きく宣伝している大手消費者金融は少なくありません。最低でも5万円?6万円の収入は必要と言われていますが、自営業やフリーランスの仕事に比べれば安定していると言えるでしょう。しかし3年以上安定した収入が得られ続けていると、自営業やフリーランスの仕事でも、安定していると認められる可能性があります。サラリーマンの人にも共通することですが、安定性を求める上で勤続年数はとても重要になります。

 

居住形態

「持ち家か?賃貸か?」これも審査に影響してきます。当然、持ち家の方が審査には有利でしょう。しかし賃貸の場合でも、居住年数が長い人は審査に有利です。何度も言いますが、審査で求められることは返済能力、つまり安定性です。勤続年数もそうですが、長く続いているという事は安定性に繋がります。転職や引越しを考えている人は、その前に借入を済ませてしまうことをお勧めします。

 

フリーローンランキング


このページの先頭へ戻る