フリーローン審査ランキング

プロミス プロミス
審査スピード◎
即日融資◎
アコム アコム
審査スピード◎
即日融資◎
SMBCモビット SMBCモビット
審査スピード◎
即日融資◎

フリーローン審査ランキング

オリックス銀行カードローン オリックス銀行カードローン
金利◎
無利息×
楽天銀行スーパーローン 楽天銀行スーパーローン
金利◎
無利息×
プロミス プロミス
金利◎
無利息◎

フリーローン審査ランキング

アコム アコム
WEB完結◎
サービス◎
アイフル アイフル
WEB完結◎
サービス◎
SMBCモビット SMBCモビット
WEB完結◎
サービス◎

あなたに合ったフリーローンを見つけよう

フリーローンの利用を考えた時、多くの人が気にするのは審査なのではないでしょうか。

 

審査ってどんなことを調べられるのかな?

必要な書類は何を揃えればいいのかな?

そもそも自分は審査に通るのだろうか?

 

審査に不安な思いをすることなく自身を持って申し込みできるように「フリーローンの審査」を中心にフリーローンに関することを徹底解説していきます。

 

初めてフリーローンを利用する人はもちろん、リピーターの人でも知って得する最新情報を得られますのでぜひチェックしてみてください。

 

フリーローンとは?2つのフリーローンを使い分けよう

フリーローン審査ランキング

 

フリーローンとは、カードローンやキャッシングと同じでカードを利用してお金を借りることができるシステムのことです。

 

フリーローンは主に

 

銀行系 消費者金融系

 

と2種類に区別することができます。

 

2つの系統は借り入れする際に大差はありません。ただし、系統ごとに長所が別れている部分もあります。以下に系統ごとの長所をまとめましたので、悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

銀行系フリーローンはハイスペックでおすすめ

銀行系フリーローンは15%前後の低金利で有名です。金利を基準に検討するなら最優先に考えたいのが銀行系フリーローンです。

 

また、金融機関の中でも銀行系は信頼性が抜群。どれにするか迷ったら、銀行系から選ぶと安心ですよ。

 

銀行系は金利が低いために、審査に時間がかかります。

 

借入まではやくて2〜3日かかるのが一般的で、審査によっては1週間程度時間を要することもあります。それだけ審査に慎重になる傾向にありますが、普段のクレジットカードの利用金額を毎月遅延せずきちんと支払っている人なら全く問題ありません。

 

おすすめの銀行系フリーローン「オリックス銀行カードローン」

オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン 実質年率 1.7%〜17.8%
融資枠 最高800万円
即日振込 -
無利息 -

親会社が大手銀行やクレジット会社等になっているので、信頼性はピカイチです。不安になりがちなフリーローンでも安心して借りることができるのではないでしょうか。

 

スペックや信頼度は高いのですが、若干審査の条件が厳しい場合もあるのでどうしても審査が不安な方には、消費者金融系のフリーローンをおすすめします。おすすめ銀行系フリーローン→オリックス銀行カードローン

 

公式サイト 詳細解説

 

 

消費者金融系フリーローンはサービスの多様性でおすすめ

消費者金融系フリーローンは圧倒的な審査スピードを誇ります。申込日の即日融資が可能で、はやければ申し込んで1時間程度でキャッシングができます。

 

急ぎで融資を利用したい人におすすめの1枚です。

 

また、消費者金融系のフリーローンは、各社が競い合い便利なサービスを多く提供しているのが特徴。

 

  • 一定期間金利が0%になる無利息期間サービス
  • カードレスのフリーローン
  • スマホでATM決済ができるフリーローン

 

使い勝手の良さを追求するなら消費者金融のフリーローンです。

 

おすすめの消費者金融系フリーローン「プロミス」

プロミス
プロミス 実質年率 4.5%〜17.8%
融資枠 1〜500万円
即日振込
無利息 最大30日間

サービス向上に努め、借り手側のニーズにいち早く応えているフリーローン。

 

銀行系のフリーローンと比べ「審査→借り入れ」までのスピードが圧倒的に速く、即日借り入れOKというのが魅力です。

 

今すぐ借り入れをしたい方や無利息フリーローンなどサービスを重視する方におすすめです。おすすめ消費者金融系フリーローン→プロミス

 

公式サイト 詳細解説

 

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

 

フリーローンの審査通過率UP

フリーローン選びのポイント

即日フリーローン利用方法

フリーローンの審査を知り、通過率をあげる!

フリーローンを利用するためには、審査に通過しなければ話になりません。その大切な審査で重要視されるのはズバリ安定性です。

 

安定性=返済能力

 

申告した情報や信用情報機関への照会などから、審査は進んでいき、利用者の返済能力を判断します。そのため、安定した収入がない人は審査に通過することは難しくなります。

 

フリーローンの審査について更に詳しく解説していきましょう。

 

審査に通過するためのポイントを抑えておけば、もう審査に不安を抱くこともなくなるでしょう。

 

フリーローンの審査の流れ

フリーローンの審査といっても、金融機関の担当者と面と向かって行うものではありません。

 

審査に必要な情報を相手に伝えると審査がスタートします。その伝え方(申込方法)は様々ありますが、それ以降の審査の流れはどの金融機関もほとんど同じです。

 

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 連絡
  4. 本人確認書類等の提出
  5. 契約

 

申し込み

メジャーな申込方法は4つです。

 

WEB 最も簡単で時間のかからない申込方法は公式サイトで、銀行や消費者金融には必ずあります。
来店 支店窓口は近所にないと通えませんし、日中働いている人にとっては時間の関係で行けない人がほとんどでしょう。

 

無人契約機は夜遅くまで営業していて土日祝日も利用できますから便利ですが、先客がいれば待たなければなりませんし、何より行く手間がかかります。

電話 口頭で伝えられるメリットとデメリットがあり、混み合っていると待ち時間が生じます。
郵送 4つの中で一番時間が掛かる方法。郵送は書類の到着と発送で時間がかかります。

 

おすすめはスピーディーに申し込めるWEB(公式サイト)からです。

 

パソコン、スマホや携帯電話から申込ができるので、自宅や職場にいながら申込めます。

 

24時間365日時間や天候を全く気にする必要がなく申込が可能なのです。

 

審査

申込が終わると審査がスタートします。申込内容を元にお金を貸しても大丈夫かジャッジするのが審査です。ですから、企業の審査担当者と直接会って面談するようなものではないので安心してください。

 

審査は、申込時の本人情報、勤務先情報、他社のローンの利用状況などから、返済能力と信用を主に評価します。

 

返済能力 貸したお金を返せるだけの収入があるかどうか
信用 貸したお金を確実に返してくれる人なのかどうか

 

ただし、審査の内容や基準についてはどの金融機関も公開していません。

 

連絡

審査の結果は、メールで合否を伝えるパターンがほとんどです。それ以外にも審査中に電話・メールの連絡がくることがあります。例えば、次のようなケースです。

 

返済能力連絡内容
  • 申込者本人かどうかのチェック
  • 申込内容に関わる質問を受ける
  • 在籍確認(勤務先へ電話をかける)前の連絡

 

連絡の頻度は、銀行や消費者金融によって違います。ただし、審査の回答は必ず連絡が来るはずですから、申し込んで2,3日連絡がないようであれば問い合わせてみるといいでしょう。

 

本人確認書類等の提出

申込内容が架空の人物だと困ります。ですから、審査終盤になると必ず本人確認用の書類の提出が求められます。

 

本人確認の書類は、顔写真付きで現住所の確認が取れるもの1点でOKとするところがほとんどです。

 

本人確認の書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバー)
  • 健康保険証+α

 

運転免許証を持っている人は免許証のコピーを提出しましょう。健康保険証も可能な場合が多いですが、直近の公共料金の領収書など追加の書類が必要になるケースが多いです。

 

本人確認の書類提出を求められるということは、審査をほぼ通過したと考えていいでしょう。しかし、書類を提出できないようでは審査に確実に落ちますから、気を抜かないようきちんと対応しましょう。

 

契約

審査に通過したら契約手続きです。ほとんどの場合メールにURLが記載されているので、クリックすると契約手続きの画面に進み、契約内容の確認・同意をすれば完了です。

 

返済方法や郵送物のあり・なしを選べるので、希望の設定にするとよいでしょう。

 

また、契約手続きが済んだ後なら無人契約機で即カード発行できます。忘れずにカードを受取に行きましょう。ATMで借入・返済ができると便利です。

 

審査では収入の多さよりも安定性を求めるため、月ごとに収入の起伏が激しい人などは、例え高額な収入を得る月があろうとも審査に通過することは困難です。

 

あなたは大丈夫?こんな人はフリーローンの審査に苦戦する

フリーローンの審査は、返済能力と信用を主にみられます。

 

つまり、返済能力が低い人・信用が低い人と判断されてしまうと審査に落ちてしまうのです。審査上マイナス評価の原因となるものは次の通りです。

 

  • 収入が安定しにくい職業
  • 信用情報にトラブル記録が残っている
  • 他社の借り入れが多い

 

収入が安定しにくい職業

収入が安定している職業は審査で有利になります。収入の安定とは、毎月一定の月収が継続して得られる状態をいいます。

 

ある月に100万円稼いで翌月の収入が0円という人よりも、5ヶ月間20万円の収入を得続けられる人の方が、フリーローンの審査では高評価。

 

従って、倒産のリスクが少ない「公務員」や「上場企業などの大手に勤めている人」などは、審査で有利になるのです。

 

一方、高額の収入が望めるケースもありますが、自営業やフリーランスの人はサラリーマンに比べて月々の収入が安定していません。

 

そのため審査で不利になるのが一般的。

 

パート・アルバイトや派遣社員のような非正規雇用であっても、短期的ではなくシフト制で長期的に働いている人は、収入の安定性は問題ないでしょう。

 

実際、非正規雇用の人でも利用できる事を大きく宣伝している大手消費者金融は少なくありません。(アルバイトやパートのフリーローンの審査

 

そのため、収入の安定性に左右する勤続年数はとても重要な審査指標になります。長く働いている人の方が、より安定した収入を今後も期待できるからです。

 

信用力を持った人はフリーローンの審査に有利

フリーローンの審査に有利な人とは、貸したお金をきちんと返済してくれる十分な信用力を持っている人となります。

 

返済をするための資金は稼いでないといけません。そこで審査の中でチェックされる項目として、その人の収入があります。

 

収入の多さ<安定収入

 

を得ている人の方が審査に有利といえます。更に勤続年数は1年以上あった方がいいでしょう。

 

自営業やフリーランスの場合は、3年以上安定して続けているならば職業がマイナスに評価されることは少ないでしょう。(個人事業主のフリーローン審査

 

転職を検討している人は、新しい職場での勤続年数が0になってしまうので転職前に申し込みすることをおすすめします。

 

信用情報にトラブル記録が残っている

勤続年数10年以上で年収1,000万円であってもフリーローンの審査に落とされる人がいます。属性の良さだけで、お金は貸せないのです。

 

お金を貸す側が最も嫌うのが、信用を欠く人です。

 

これまでのローンやカードの利用実績を個人信用情報で確認し、お金を計画的にきちんと使える人なのかチェックします。

 

過去の信用情報にトラブルの記録が残っている人は、審査に落ちる可能性が非常に高くなります。

 

審査落ちに直結する金融事故の例

 

  • 3ヶ月以上の長期延滞
  • 度重なる滞納
  • 債務整理(個人再生、自己破産など)
  • 強制解約
  • 代位弁済(保証会社が債務を肩代わりすること)

など

 

フリーローンの利益は返済時の利息で生み出されています。

 

返済されないと銀行も消費者金融も売り上げが立たなくなるので、お金をきちんと返さない信用の低い人に融資はしたくないのです。

 

金融事故の記録が抹消されてから、フリーローンに申し込もう

信用情報に記録された金融事故の形跡は、

 

5年〜10年

 

で削除されます。

 

過去のトラブルが原因で審査に落ちる人は、マイナスの信用を最低でもゼロにしなければ審査通過の可能性は見出せません。属性の良さより信用の方が重要なのです。

 

自分の信用情報の内容は、個人信用情報機関に開示請求をすれば確認できます。

 

1回1,000円程度でできますから、CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センター(KSC)のいずれかで開示請求をし、トラブルの記録がなくなったことを確認してから、フリーローンに申込をしましょう。

 

他社の借り入れが多い

他社の借入は、あればあるほど審査で不利に働きます。新たなフリーローンの支払いが加われば月々の返済金額が増えるわけですから、返済の負担が大きくなります。

 

毎月他のローンの支払い日を守っていれば信用は問題ないですが、返済能力を超えた貸付になると金融機関が判断すれば審査は落ちるでしょう。

 

信用は不可欠ですが、多くのお金を借りるには年収などの返済能力が重要になってきますよ。

 

また、消費者金融のフリーローンは貸金業法の総量規制によって、貸せる金額は年収の1/3までと決まっています。これは他社借入も含むため、この条件を超えない範囲でなら借入可能です。

 

年収の1/3を超える金額になるようだと確実に審査落ちとなるので、申込前にチェックすべきでしょう。

 

銀行フリーローンには融資する金額に規制はありません。理論上いくらでも貸せてしまいますが、返済能力をオーバーする貸付は絶対にしません。

 

2018年8月の金融庁の実態調査によれば、銀行の多くは、貸付条件が年収の1/2、1/3となるよう自主的に上限を設けていることが分かっています。

申し合わせに則した形で自行・他行カードローン及び貸金業者貸付を勘案して融資上限枠を設定している銀行は約7割(71 行)となっている。

 

このうち、年収の2分の1を上限に設定している銀行は約8割(59 行)と最も多く、年収の3分の1を上限としている銀行も約1割(9行)あった。

 

これらの中には、顧客の返済能力をより適切に把握する観点から、自行・他行のフリーローン等の無担保貸付残高も含めて勘案している銀行も見られた。

 

銀行カードローンの実態調査結果

銀行系フリーローンに申し込むなら、借入金額が年収の1/2以下になるよう申し込んだほうが審査通過の確立が上がるといえるでしょう。

 

他社借入件数は1件でも減らしたほうが審査通過の可能性が高まります

3社以上の借入が既にある人は、その中で完済できるローンが1件ないか考えましょう。

 

借入件数を減らす

 

完済すれば、借入しやすくなりますし、きちんと返済をし続けた履歴が作れれば、信用もプラスになるでしょう。

 

アピールできる材料が増えれば、審査で好印象なはずですよ。

 

審査が不安なら公式サイトのシミュレーションを利用しよう!

各社のシミュレーション

 

この基準をクリアすれば審査に合格するといった明確なラインはありません。ですから、フリーローンを利用したいけれども審査に通るか不安な人は多いでしょう。

 

しかし、最近のフリーローンは、事前に融資可能か簡易的に判断する審査シミュレーションができます。「年齢」「年収」「他社の借入金額」など3〜5項目を入力すると、融資可能か診断してくれるのです。

 

あくまで簡易的なシミュレーションなので審査の結果を保証するものではありませんよ。それでも、このシミュレーションで融資可能とならない場合は、申し込んでも審査に落ちる可能性が高いでしょう。

 

数十秒でチェックできるので、申込前に一度はやっておきましょう。

 

フリーローンの審査何でもQ&A

フリーローンの審査については、評価方法や基準が公開されていないため、審査に通るか不安な人・自信のない人は多いでしょう。

 

ここでは、多くの人が抱くフリーローンの審査の疑問について答えていきます。

居住形態:持ち家か賃貸かで審査に影響するの?

持ち家の方が審査には有利

 

「持ち家か?賃貸か?」これも審査に影響してきます。当然、持ち家の方が審査には有利でしょう。しかし賃貸の場合でも、居住年数が長い人は審査に有利です。何度も言いますが、審査で求められることは返済能力、つまり安定性です。

 

勤続年数もそうですが、長く続いているという事は安定性に繋がります。転職や引越しを考えている人は、その前に借入を済ませてしまうことをおすすめします。

審査で不利な職業ってあるの?

あります。収入が不安定な人は審査で不利になります。

 

職業は、貸したお金を支払えるかどうかの返済能力に関わってきます。最も審査で有利になる職業は公務員です。

 

倒産のリスクがなく、年功序列で年収があがっていきますから、貸し出す側からすればお金を安心して貸しやすいのです。上場企業の会社員も同様です。

 

フリーローンで重要なのは、返済を継続的に続けていくだけの収入が毎月定期的に入るかどうかがポイント。ですから、中小企業の会社員も問題ありませんし、アルバイトやパートも十分OK。派遣社員も継続して勤めているなら融資可能でしょう。

 

収入が安定していない人は、審査で不利になります。自営業や個人事業主の場合は、月々の収入が変わることがほとんどです。ですから、収支に関わる書類を数枚求められ、より厳密にチェックされます。

 

収入が少なくても勤続年数が長ければ好印象。審査通過を念頭に入れるなら、最低でも1年以上同じ職場で働くようにしましょう。転職を予定している人は、転職前に申し込んでおくほうがいいですよ。

審査なしのフリーローンってないの?

絶対にありません。必ず審査はあります

 

  • とにかく急いでいて時間がない
  • 既に何件か借入がある
  • 審査に落ちてしまって...

 

審査なしのフリーローンを探す動機は様々あるでしょう。しかし、審査なしで利用できるフリーローンは絶対にありません。

 

もし審査なしで使えるフリーローンがあるとすれば、それは違法な業者です。銀行や消費者金融は必ず審査を実施します。

 

時間をかけずにとにかく早くお金を借りたい人は消費者金融のフリーローンを選ぶといいでしょう。最短30分のスピード審査で、これ以上に早い審査を行えるフリーローンはないでしょう。

 

また、フリーローンの審査基準は各社違います。A社がダメでもB社の融資はOKといったことは十分あります。

 

そのため、審査に自信のない人は、事前シミュレーションを複数試してみましょう。

 

シミュレーションの結果が良くない場合は、他社の借入や年収がウィークポイントである可能性が高いです。現在のローンの返済を進めて他社借入の金額を下げるか、年収に見合うよう借入希望額を下げるなどの調整をすべきでしょう。

 

在籍確認で会社に連絡がくるとききましたが、避けることはできないの?

在籍確認は原則あります。しかし、相談次第では電話以外の対応も

 

在籍確認は申込者が働いているかどうかのチェックです。収入に関わる部分なのでとても重要な審査の1つ。従って、銀行も消費者金融も電話をかけて労働の事実を確認するのです。

 

在籍確認の電話は、申込者のプライバシーを考慮してくれます。電話で社名は名乗りませんし、フリーローンの審査に関わる話はしません。他の人が電話にでても在籍確認の連絡だとは分かりませんから、神経質に心配する必要は全くありません。

 

それでも会社のコンプライアンスや個人的な理由で、在籍確認の連絡をしてもらいたくない場合は、申込後すぐにフリーローンの会社へ連絡しましょう。

 

どうしようもない理由ならば、社員証や社会保険証の提出で在籍確認をしてくれるなど都合をつけてくれます。

 

審査通過の自信がついたらフリーローンをしっかり見極めて選ぶ

 

審査についての疑問が解消し自信がついたら、数あるフリーローンの中から自分に合ったものを選びましょう。とはいっても、1枚を決めるのはなかなか難しいですよね。

 

フリーローンを契約した後に後悔しても遅いですから、ポイントをおさえて選ぶことが重要。

 

ここでは、最適なフリーローンを見極める上で最低限チェックしておきたい条件を5つ紹介します。

 

フリーローンを選ぶ際の5つの条件

フリーローンを選ぶときの大切な5つの条件は次の通りです。

 

  • 正規業者のフリーローンであること
  • 利息負担の小さくなる金利のフリーローンを選ぶこと
  • 借入・返済時にかかる手数料を確認すること
  • 借入・返済の利便性の良いものを選ぶこと
  • 月々の最低返済額が生活の負担にならないようにすること

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

正規業者のフリーローンであること

法律をきちんと守る正規のフリーローンを選ばないと、人生を左右するお金のトラブルに巻き込まれる恐れだってあるのです。お金の貸し借りですから、契約に従わない(約束を破る)業者を選ぶのは致命的。

 

信頼できる正規の業者は金融庁に貸金業者として認可を受けています。公式サイトに、登録番号、財務局、商号などの記載が必ずありますので、記載のないフリーローンは違法な証拠です。

 

最低限、正規の業者を選びましょう。その中でも、テレビCMや電話のつり革広告など大々的に宣伝しているフリーローンなら安心できますよ。

 

利息負担の小さくなる金利のフリーローンを選ぶこと

お金を返済するときには利息を上乗せします。利息はできるだけ安いほうがお得ですから、金利の低いフリーローンを選びましょう。

 

金利は法的に上限20%と決まっているので、正規の業者はどこも20%以内になるよう金利を設定しています。20%より大きい金利は違法ですから注意してください。

 

銀行系フリーローンは金利が15%程度、消費者金融系は18%程度が一般的です。選ぶときの1つの目安になりますよ。

 

ですから、できるだけ利息を安くしたい人は銀行系フリーローンを選ぶのがいいでしょう。

 

ただし、消費者金融系のプロミス、アコム、アイフルには30日間金利0%の無利息期間サービスがあります。3ヶ月から半年で完済できる少額の借入を希望する場合は、消費者金融系の方が完済までの利息が安くなります。短期的な借入は消費者金融がおすすめです。

 

借入・返済時にかかる手数料を確認すること

預金の預入・引出しや振込の際に手数料がかかるのと同じです。フリーローンの借入や返済にも手数料のかかるものがあります。特に、返済は毎月行います。毎回手数料がかかると少額であっても大きな負担になります。

 

コンビニのATMは108円〜216円(税込)が1回の利用でかかることがほとんどです。自社ATMは手数料無料のケースが多いですが、時間外は手数料が有料になるところもあります。

 

一方、インターネットバンキング、口座振替、同一銀行間の振込であれば、手数料はかからないでしょう。

 

手数料は積み重なると数千円から数万円になりますから、手数料のかからない借入・返済があるかどうかをチェックすることは大切ですよ。

 

借入・返済の利便性の良いものを選ぶこと

急にお金が必要になったときに借入できないと不便ですよね。また、返済が遅れると延滞金がプラスされますし、何より滞納につながります。

 

近所のATMが利用できれば、通勤時や帰り道で返済できて楽です。しかし、ATMだけだと悪天候時に支払いに行けないことも起こりえます。ATM以外にスマホやパソコンから返済ができると自宅や職場にいながらフリーローンの利用ができます。

 

借入・返済は万が一のことも考えて複数方法が用意されているものが、利便性が高く使い勝手がいいのです。

 

フリーローンによって借入・返済方法は違います。申し込む前にチェックしておくといいでしょう。

 

月々の最低返済額が生活の負担にならないようにすること

フリーローンの返済は、毎月最低返済額以上の支払いをしなければなりません。この最低返済額の設定金額はフリーローンによって違います。10万円未満の借入の場合は、2,000円から10,000円が相場です。

 

ひと月5,000円までなら返済可能な人が、月々の返済で10,000円かかるフリーローンを選んでしまっては困ります。自分の返済能力の範囲内のフリーローンを選ぶのが大切です。

 

できるだけ毎月の返済額の負担を小さくしたい人もそうですが、選ぶのに悩んだら最低返済金額の小さいフリーローンを選びましょう。月々の支払いが安いに越したことはありません。

 

完済まで時間がかかるので利息が増えてしまうと心配するかもしれませんが、生活に余裕のある月は、臨時返済をして多めに返済していくことが可能。

 

最低返済額が高額だと、返済を維持するのが大変ですが、無理のない範囲で自分のペースの返済ができるので、特に初めての人におすすめです。

 

フリーローンのすすめ

フリーローンの審査

フリーローン何でもコラム

 

お急ぎの人へ!フリーローンの即日融資を確実に受ける方法

即日融資に対応しているのは審査が最短30分で終わる消費者金融系のフリーローンです。銀行系は審査に1日以上時間を要するため即日融資はできません。

 

急ぎの用でお金を必要とする人は、消費者金融系のフリーローンを選びましょう。ただし、即日融資向けの申込方法や事前準備をしておかないと、思わぬところで時間を取られますよ。

 

そうならないためにも、ここでは確実に即日融資を受ける方法を紹介していきます。

 

 

フリーローンの即日融資の準備はできていますか?

フリーローンの即日融資を受けるためには事前対策がポイント。対策せずにむやみに申し込んだら、審査に時間がかかったり、途中でストップしたりして翌日以降の融資になってしまいます。

 

即日融資の借入は「銀行振込」と「ATM」の2パターンが可能。まずは、それぞれの手続きの特徴を把握するところから始めましょう。

 

銀行振込による即日融資の流れ

銀行振込は、時間がかなり限られるので注意が必要です。窓口の営業時間の都合上、14時までに契約を結ばないと振込ができないためです。従って、午前中に申込を済ませるのが理想。

 

銀行振込の場合は、申込から借入までの手続きをスマホ1台でできます。仕事の休憩中にでも十分対応可能です。

 

振込キャッシング(14時までに契約)
  1. スマホで申込
  2. 審査
  3. スマホで契約
  4. 口座振込で借入

 

時間の都合上、銀行振込が不可となってしまっても、問題ありません。ATMなら夜遅くまで即日融資に対応しています。

 

ATMによる即日融資の流れ

ATMの借入は銀行振込より時間の余裕があります。申込は銀行振込同様スマホで行いますが、カードを発行するために無人契約機に行かなければなりません。

 

無人契約機はATMのように24時間営業しているわけではないので注意。21時までとするところがほとんどなので、それまでに契約をすることが必須です。遅くても20時くらいまでに申込を済ませて審査を終わらせるようにしてください。

 

ATMでキャッシング(21時までに契約)
  1. スマホで申込
  2. 審査
  3. 無人契約機で契約・カード発行
  4. ATMで借入

 

審査を短時間で済ませるためには

即日融資を受けるまでの申込から借入までの流れが分かりました。審査をスムーズに終わらせることが即日融資の最大のポイントです。

 

  • 必要書類を手元に準備しておく
  • 申込内容は正確に
  • 本人確認の電話に出ること
  • 在籍確認の電話に出ること

 

この4点がとても重要なのです。

 

必要書類を手元に準備しておく

審査で必ず本人確認用の書類提出が求められます。運転免許証がある人は免許証1枚でOKです。免許を持っていない人は、パスポートや個人番号カードでも可能。

 

健康保険証もOKですが、公共料金の領収書が必要です。詳しくは公式サイトに必ず記載されているので確認しておくといいでしょう。

 

また、限度額50万円超を希望する場合は、収入証明書の提出が必須です。最新年度の源泉徴収票か直近の給与明細のどちらかでOKですから、該当する人は手元に置いておきましょう。

 

言い換えれば、50万円未満なら、年収証明書は不要になるので、その分審査ははやく終わりますよ。

 

申込内容は正確に

申込は記述ミスのないよう正確な情報を記入しましょう。フリーローンの審査担当者は、申込内容がミスなのかウソなのか見分けがつきません。確認のために本人に連絡を入れる手間や時間も生じます。

 

スムーズに審査を進めるためにも、必ず申込内容は正確に。

 

本人確認の電話に出ること

審査が始まると必ず本人の携帯電話に連絡がきます。圏外で繋がらなかったり、電話に出ないようだと本人確認がとれません。

 

はやいと申込後10分程度でかかってきますから、必ず電話に出ましょう。

 

在籍確認の電話に出ること

勤務先が正しいかどうかチェックするために、会社に連絡がきます。会社で働いていることが分かればいいので、本人が電話にでなくてもOKです。ですが、電話に誰もでないようだと在籍確認が取れません。

 

夜遅い時間帯に申し込む場合、在籍確認がとれるかがポイントになります。例えば19時までにかけてほしい場合や、電話以外の在籍確認を希望する場合は、申込終了後、すぐに連絡をして相談をしましょう。

 

在籍確認は審査で必須です。チェックできなければ審査はストップし翌営業日以降の対応になってしまいますから、即日融資希望の人は特に注意してください。

 

 

フリーローンランキング

(当サイトからのアクセスを基準)

プロミス

プロミス 実質年率 4.5%〜17.8%
融資枠 1〜500万円
即日振込
無利息 最大30日間

 

初回利用から30日間利息0円!24時間365日公式サイトから申込可能で最速1時間でフリーローンの利用可能。

 

SMBCフィナンシャルグループで信頼性は抜群!

 

公式サイト 詳細解説

 

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン 実質年率 1.7%〜17.8%
融資枠 最高800万円
即日振込 -
無利息 -

 

来店不要!口座開設不要の銀行系カードローン。

 

三菱UFJ、三井住友、ゆうちょ、コンビニATMが終日手数料無料で利用可能!カードの借入・返済が最も手軽で使いやすい!

 

公式サイト 詳細解説

 

 

アコム

アコム 実質年率 3.0%〜18.0%
融資枠 1〜800万円
即日振込
無利息 30日間

 

三菱UFJフィナンシャルグループで若者に人気のフリーローン。

 

30日間の無利息期間に対応し、申込日の当日中の即日融資が可能!自動契約機(むじんくん)ならカード発行も簡単!初心者の人も安心の1枚。

 

公式サイト 詳細解説

 

 

アイフル

アイフル 実質年率 4.5%〜18.0%
融資枠 500万円
即日振込 -
無利息 -

 

最短30分で審査完了。もちろん即日融資も可能。審査に不安でもアイフルなら、1秒診断で事前に融資可能か判断可!

 

30日間の金利0%期間ありで、50万円以下は原則収入証明書が不要。

 

公式サイト 詳細解説

 

 

SMBCモビット

SMBCモビット 実質年率 3.0%〜18.0%
融資枠 800万円
即日振込
無利息 -

 

ネットで24時間申込OK。「Web完結」申込なら、郵送物なし・電話なし・カードなしが実現!

 

セブン銀行ATMならスマホで借入・返済ができる優れもの!

 

公式サイト 詳細解説

 

※14:50までの振込手続完了が必要です。

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※審査時間:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

フリーローンランキング