フリーローンの審査に通過する!

フリーローンの審査について

カードローンの申込みをする前に心得ておきたいことは、「申し込み時の審査」です。お金を借り入れるのですから、まずはこの審査に通らないとカードローンが利用できないシステムになっています。
しかし、借入審査の基準は一律ではなく、銀行や金融会社それぞれで異なります。たとえば、「A社の審査に通らなくても、B社の審査には通った」ということや、「C社の審査には通ったけれどD社の審査には通らなかった」といったことが起こるのです。自分の条件に見合ったカードローンはどのサービスか、それぞれの比較を行ったうえでの利用が、確実に審査に通過する大切なポイントになります。

 

審査のレベルを予想

カードローンの審査において、「年収が少なく、収入が不安定」、「他社でも借入れをしている」、「高額な借入れの申込みをしている」という、いわゆる返済能力の信頼性が難しそうな傾向を持つ方は、審査に通りにくいとされています。
しかし、実際はカードローンによって、細かな規約設定の違いがあるのです。
カードローンの発行元は、消費者金融か銀行系、あるいは銀行単独で発行されるなど、それぞれです。自分が利用したいカードローンの発行元がどこになるか、条件はどのくらいに厳しいものかを確認することが大切です。
こうした審査の条件は、やはり借り入れる側にとっては最も心配なポイントですので、カードローンの比較サイトなどを参考にすることをおすすめします。
比較サイトを見ると、審査の「厳しい、甘い」も記載されていますので、もしも自分にとって不利な条件があれば、できるだけ確実に審査が通るカードローンを選ぶとよいでしょう。

 

審査OKなら適切な利用を心がけましょう

カードローンの審査結果は、郵送またはメールによって通知されます。審査に通過した場合は、一般的には配達記録でクレジットカードが届きます。クレジットカードが手元に届いたその日からカードローンを利用することができますので、利用規約等にしっかりと目を通した上で、計画的かつ適切な使い方を心がけましょう。

 

審査に落ちた理由を考える

残念ながら、申請した条件などによっては、そのカードローンに見合わず、審査に落ちることもあります。
ただし、カードローンにはそれぞれの発行元で条件や審査基準が異なるため、「今回のカードローンの審査に落ちたので、他の会社のカードローンの審査に通るはずがない」と諦めてしまうのは早いかもしれません。
あらためて、別の会社のカードローンにチャレンジする際は、自分が審査に通らなかった条件や項目がどんなものであったのかを整理しておくことが重要です。そうすることで、より自分に見合った条件を持っているカードローン会社を選ぶことができるでしょう。
ここでしっかりと対策を講じずに、同じ内容で別のカードローンに申請をしても、必ず審査に通るとは限りません。何度申し込んでも審査に通過しないとなると、信頼性も減少してしまいますので、注意が必要です。"

フリーローンランキング

フリーローンの審査/フリーローン審査ランキング記事一覧

フリーローンについて調べていると、「フリーローンの審査に落ちた」というブログ記事などに遭遇することがあります。フリーローンにも当然審査が存在しますので、状況によっては審査に通過できない場合もあるでしょう。では、フリーローンの審査では一体何が重要視されているのでしょうか。安定した収入があることまず、最低限必要となるのが「安定した収入を得ている」ということです。サラリーマンの方などは毎月給与として会社...
キャッシングの申し込みをする際に行われる審査の基準は、キャッシングによってさまざまな違いがあります。年収、年齢、勤務状況など、さまざまな基準がありますが、大きく分けると3つの内容となります。その3つは、数値による確認と、債務状況の確認、在籍確認です。キャッシングによって、さまざまな審査基準がありますが、大まかにはこの3つなので、覚えておいて損はないかと思います。数値による確認とは数値とは具体的にど...
フリーローンは大変申し込みが簡単なキャッシングローンです。しかし、その申し込みが必ずしも承認されるとは限りません。フリーローンには「審査」があるからです。基本的に、フリーローンは安定した収入がある人なら誰でも利用できます。アルバイトであろうと学生であろうと融資を受けることは可能です。けれども、どの会社に申し込んでも審査で落とされてしまう人も中にはいます。困ったことに、どの信販会社も審査で落とされた...
専業主婦がキャッシングを利用する場合は、通常借り入れの際必要な免許証・保険証など身分を証明するもの以外に、妻が借入れすることの夫の同意書や夫の年収を証明する源泉徴収票などの書類、夫婦であることを証明する婚姻証明書などの書類が必要です。また審査の際夫の職場への在籍確認や、キャッシングの申し込み用紙に記入した住所に電話確認などが行われます。これほど大げさにする理由は、そもそもキャッシングの利用は、現在...
「アルバイトやパート、専業主婦でもキャッシングはできるの?」、「どの業者なら融資してくれるの?」こういった疑問について、ここでは考えていきたいと思います。アルバイトやパートの方でもフリーローンは申し込み可能結論からいうと、パートやアルバイトといった非正規雇用でもキャッシングは殆どの金融業者で可能です。しかし当然のことながら、正社員として働いている方と比較すると、借入可能な金額は少なくなると考えてお...
収入証明書というのは、そのものずばり収入を証明してくれる書類です。大きな借入れの際に必要となる場合がある書類です。具体的にどういったものかというと、一般的には下記のものになります。直近3ヶ月以内のうち、2ヶ月分以上の給料明細(写し)まず直近2〜3ヶ月分の給料明細とは、「企業名」「氏名」「年月」が明記された給料の明細票です。毎月勤務先から手渡されるものですから、恐らく上記の中では最も手近な書類でしょ...
銀行系のフリーローンのキャッシングは通常、無担保・無保証人で貸し出しを行います。しかし、この場合のほとんどがキャッシングの申し込み時に、消費者金融系の保証会社が貸し出し審査を行いそれに通過すれば融資を行います。銀行はその保証会社が行った保証を担保にして貸し出しを行っています。信用情報は共有されますこのようなことをする理由は銀行系がこのような無担保・無保証人のキャッシングに対して経験もノウハウも持た...
フリーローンの審査の過程において、「在籍確認」というものが行われることがあります。在籍確認とは、顧客の申告した個人情報に虚偽がないか調べるために、信販会社が顧客の家庭や勤務先に確認の電話をかけることです。顧客の立場にしてみれば、この在籍確認ほど嫌なものはありません。自分の素性を疑われているような気がしますし、第一、職場に消費者金融から電話がかかってきたら、同僚や上司にどんな噂を立てられるかわかった...
近年の度重なる不況の中、最も不況の影響にさらされやすいのが金融業者であり、融資を受ける前の審査が以前よりも厳しくなっています。審査のハードルが高過ぎると思って申し込みを諦めてしまう人もいるようですが決してすべての金融業者の審査の基準が厳しいとは限りません。ある金融業者の審査に落ちても別の業者の審査には通る、ということがあります。審査の基準を緩くしている金融業者は存在します。同じ審査が緩いとはいって...
キャッシングの申し込みをして、審査の結果融資を断られてしまうこともあるかもしれません。経験のある人はお分かりかもしれませんが、融資拒否にあうのは受けた当人としては結構ショックなことのはずです。借りられると思っていたのに、その資金が得られないとなるとその後予定されているスケジュールにすべて狂いが生じてしまうからです。中には融資を断られたことで、自分自身が否定されたような感覚に陥る人もいるようです。別...
フリーローンに申込みをすると、必ず「他社借入状況」を申請しなくてはなりません。もちろん申請しなくてはならないものは確実に審査の対象となってきます。他社借入状況とは、申込みしたフリーローン以外のフリーローンやキャッシング、クレジットカード会社などの利用状況のことを言います。要するに「どこからいくらくらいのお金を借りているのかを教えてください」というのが他社借入状況になります。他社借入が多いほど審査で...
フリーローンの申込みを行い、審査の過程で「クレジットヒストリー」を確認します。これはどこのフリーローン業者も同じことです。クレジットヒストリーというのは簡単に説明すると「これまでにどのようなフリーローンを利用したことがあるのか、どれくらいの金額を借入していたのか、きちんと返済できていたのか」というクレジットに関する履歴のことです。もちろん、初めてフリーローンを申し込む人はクレジットヒストリーを持っ...
フリーローンやクレジットカード、キャッシングなどを利用していて返済が遅れてしまった場合、これは「金融事故」として扱われます。これらの金融事故情報は「信用情報機関」というところに記録されています。この金融事故を起こしている状態のことを「ブラックリスト」と呼んでいます。厳密にはブラックリストそのものが存在しているわけではないのですが、フリーローン会社をはじめとした貸金業を営んでいるところはいつでも信用...
フリーローンをいろいろ調べて、自分にとってベストな借入先が見つかったときは、意気揚々と申込したくなるものです。でも、いざ申込んだところ、審査に落ちてしまうということもあります。しかも落ちてしまった理由は確かに存在するというのに公表されません。そこで、今回は一般的に審査落ちの理由だといわれていることについて考えてみたいと思います。連発厳禁!申込の回数・頻度に注意!!「それなりに知名度のある企業の正社...

このページの先頭へ戻る