フリーローンの審査に通過する!

在籍確認について

フリーローンの審査の過程において、「在籍確認」というものが行われることがあります。在籍確認とは、顧客の申告した個人情報に虚偽がないか調べるために、信販会社が顧客の家庭や勤務先に確認の電話をかけることです。
顧客の立場にしてみれば、この在籍確認ほど嫌なものはありません。自分の素性を疑われているような気がしますし、第一、職場に消費者金融から電話がかかってきたら、同僚や上司にどんな噂を立てられるかわかったものではありません。出来ることなら在籍確認を避けたいと多くの人が思っているのではないでしょうか。

 

プライバシーを配慮した対応で安心

ご安心ください。フリーローンの申し込み時に「在籍確認無し」の会社ばかりが優先されないように、各信販会社も細心の注意を払って在籍確認を行っています。では、具体的にどのような在籍確認が行われているのかご説明いたします。
会社員の在籍確認を例にとると、信販会社は顧客の家族や親類縁者を装って職場に電話することが多いです。それも、「○○さん、今出社していますか?」程度の簡潔な内容です。自らの会社名を名乗ることは決してありません。信販会社にしてみれば、この程度の電話で「申告された会社が実在すること」、「本人が実際に会社に在籍していること」を確認できるのです。
そもそも信販会社が在籍確認で調べたいのは、「顧客の素性が確かなものであるかどうか」という点だけであり、手間のかかる調査を行う必要がないのです。

 

主婦の方の在籍確認

また、主婦の方にとっては、夫の勤務先に在籍確認の電話をかけられるのは嫌だと思われるでしょう。ご心配はいりません。通常、主婦の方からのフリーローンの申し込みには連帯保証人となる配偶者の同意が必須なので、夫の在籍確認そのものが省略されることがほとんどです。
たとえご家庭に確認の電話をかける際にも、他の家族に怪しまれないように、顧客の旧友を装う場合が多いようです。無論、男性からの電話だといろいろとあらぬ誤解を生みやすいので、女性のオペレーターが電話することになります。
このように、在籍確認は顧客の不利益にならないように様々な趣向が凝らされています。審査内容に在籍確認があっても、フリーローン申し込み時に臆する必要はないのです。

 

派遣社員がフリーローン審査を受けるときは確認の電話に注意

非正規雇用で仕事をしている人もかなり増えてきていて、中には派遣社員という扱いで仕事をしている人もいるでしょう。派遣社員として仕事をしている人で、お金が足りないのでキャッシングサービスを利用したいと思っている人も中にはいるはずです。派遣社員といわれると、立場が正社員と比較すると安定していないので融資が受けられないかもしれないと不安に感じている人もいるでしょうが、最近のキャッシングを見てみると、派遣に対しても積極的に融資している所は多いです。派遣先でレギュラーの仕事をして、安定した収入があり、過去キャッシングの借入を巡るトラブルの起こしたことのない人であれば融資を受けられる可能性は高いです。
ただし派遣社員の人が申し込みをする時には、注意すべきことがあります。本当に勤務実態があるかどうか、会社に在籍確認の電話を審査の過程の中で入れます。この時申込書の中で、勤務先として現在実際に仕事をしている所を書き込んでしまう人もいます。しかし派遣の場合、雇用契約を交わしているのは派遣会社です。派遣会社の指示で、派遣先で仕事をしているわけであって、皆さんの所属は派遣会社です。このため、派遣先の情報を書くと在籍確認をしても在籍記録がないことになってしまって、審査に引っ掛かる恐れがあります。ですから、派遣会社の情報を記入しましょう。
この時在籍確認の電話を派遣会社に対してかけると、個人情報保護法の関係で在籍の有無は教えないとされる可能性があります。そこで申し込みをする時に派遣会社に対して、「在籍確認の電話が入るので善処してほしい」とあらかじめ伝えておく必要があります。

フリーローンランキング


このページの先頭へ戻る