フリーローンの審査に通過する!

フリーローンの審査3つのポイント

キャッシングの申し込みをする際に行われる審査の基準は、キャッシングによってさまざまな違いがあります。年収、年齢、勤務状況など、さまざまな基準がありますが、大きく分けると3つの内容となります。
その3つは、数値による確認と、債務状況の確認、在籍確認です。キャッシングによって、さまざまな審査基準がありますが、大まかにはこの3つなので、覚えておいて損はないかと思います。

数値による確認とは

数値とは具体的にどんなものかと言いますと、年収や年齢、勤続年数、居住状況などのデータを1つにまとめて、スコア化をさせたものです。このスコアの値によって、金融会社は融資をするかどうかや、融資額を判断します。
このスコアの数値は、統計的なデータを基にしているので、消費者金融の武富士では、最初の頃は懐疑的な意見を持っていました。しかし、このスコアの数値があると、審査の基準が明確になり、短時間で審査結果が出るという利点もあることから、最近ではメジャーに使われるようになってきました。この数値で判断をするという審査方法を行うことで、最短で30分で融資が出来るかどうかなどの判断をすることが出来るようになりました。

債務状況の確認とは

債務状況の確認とは、信用情報機関を通して、他社の金融機関から借入を現在受けているかということや、これまでに借入をした際に、返済の遅延やトラブルなどがなかったかなどを確認するのです。キャッシングの審査の際に確認をされることは、返済に対する利用者の姿勢がどんなものなのかということです。
利用者の方の性格や年収から、返済責任と返済能力がどの程度あるかということを見極め、これまでの返済経歴などを通して、返済に対する利用者の姿勢を徹底的に調べて判断をします。このような作業を1つの企業だけで行うのは、とても難しいので、情報機関によってデータをきちんと集め、それらの内容を金融会社同士で共有し合っているのです。
金融会社は、借入の経歴やトラブルの有無をすぐに確認することが出来るので、1度でも借入をしたことがある人は、自分の情報が利用をしようとしている金融会社にすぐに知られてしまいます。万が一、返済の遅延やトラブルがある場合は、審査を通過することが難しくなってしまいます。逆に考えると、こういった問題が無ければ、キャッシングを受けることが出来る可能性が高くなるのです。
どの金融会社を利用しても、債務状況は必ず確認をされます。嘘の内容を言っても、信用情報機関のデータを見れば、嘘はすぐにバレてしまいます。嘘を付いているということは、金融会社にとっても信用が出来ない人だと判断をしてしまうので、審査に落ちる確率は格段に上がってしまいます。

在籍確認とは

在籍確認とは、電話を通じて、自宅や勤務先に在籍の確認を行うことです。在籍確認を行う際の電話の内容としては、「○○ですが、△△さんはおられますでしょうか?」と一言確認があるだけです。この電話で、利用者の在籍確認が出来なければ、再度電話確認があることもありますが、確認が出来れば、キャッシングのサービスを受けてもらうことが出来ます。

フリーローンランキング


このページの先頭へ戻る