フリーローンの審査に通過する!

フリーローンの保証会社について

銀行系のフリーローンのキャッシングは通常、無担保・無保証人で貸し出しを行います。しかし、この場合のほとんどがキャッシングの申し込み時に、消費者金融系の保証会社が貸し出し審査を行いそれに通過すれば融資を行います。銀行はその保証会社が行った保証を担保にして貸し出しを行っています。

 

信用情報は共有されます

このようなことをする理由は銀行系がこのような無担保・無保証人のキャッシングに対して経験もノウハウも持たないためで、キャッシングを得意としている消費者金融系の保証会社に審査を代わりに行ってもらっているのです。これで銀行には金利収入が生まれ、消費者金融には保証料収入が生まれます。信用保証会社は銀行に対して保証しているので、利用者が債務を返済できなければ代わりに支払うことになります。
このように利用者だけでなく保証会社も返済に対して保証し、銀行は債権に対して二重の安全策を講じていることはあまり知られていません。こうして見てみると銀行系のキャッシングというのは実質的には消費者金融が行っているというのが現実です銀行は確実に債権を回収できるわけですから。

 

しっかりと返済いしていかないと

もちろん利用者が問題なく返済すれば問題は起こりませんが、債権が返済できなくなると、保証会社は銀行に対して債務を肩代わりする必要が出てきます。そして返済した債務を今度は、保証会社が利用者に対して債権を回収します。つまり、銀行系のフリーローン会社で取立は厳しくないだろうと安心していても、返済できない時は、結局費者金融に債権が移転して消費者金融から取り立てられてしまうことになるのです。
消費者金融の方がこういった取り立てのノウハウも経験も持っていますし、銀行もイメージが悪くなることもありません。一定の収入があれば返済能力がなくても借りられてしまうキャッシングは、利用者からすれば便利ですが、本来返済能力のない人に貸し出しをして確実に債権を回収するためには、こういったリスク回避策が必要なのです。

フリーローンランキング


このページの先頭へ戻る