フリーローンの審査に通過する!

普通にしていればブラックリストにのることはない

フリーローンやクレジットカード、キャッシングなどを利用していて返済が遅れてしまった場合、これは「金融事故」として扱われます。これらの金融事故情報は「信用情報機関」というところに記録されています。この金融事故を起こしている状態のことを「ブラックリスト」と呼んでいます。厳密にはブラックリストそのものが存在しているわけではないのですが、フリーローン会社をはじめとした貸金業を営んでいるところはいつでも信用情報機関の記録を閲覧できるようになっているので、実質ブラックリストのようなものですよね。

 

信用情報機関って?

個人の信用情報を記録している機関のことを信用情報機関といいます。国が指定しているのは「日本信用情報機構」「全国銀行個人信用情報センター」「CIC」の3つ。これらはそれぞれで信用情報を共有していますし、先述した通り銀行や消費者金融などもいつでも閲覧できるようになっています。
実はフリーローンやクレジットカードの情報だけでなく、奨学金、携帯電話の割賦(携帯の分割払い)も登録されているんですね。そのため「ブラックリストに入るようなフリーローンの使い方はしていないはずなのにどこに申込みしても審査に通らない!」という人は携帯電話の支払いが滞っていたのが原因でブラックリスト入りしていた…といったケースもあります。

 

ブラックリスト入りの原因

ブラックリストとして扱われる原因はいくつかあります。代表的なものは以下の通りです。

 

延滞

ローンの返済日が決められているにもかかわらず、その日になっても返済されない場合「延滞」扱いとなります。一般的に2ヶ月以上延滞が続いた場合信用情報機関に登録され、ブラックリスト扱いされるようになる、と言われています。もちろんこのあたりは各フリーローン会社のさじ加減によるので一概には言えません。ブラックリストの最も多い原因は延滞だといえます。

 

債務整理

債務整理とは借金を返済するのが厳しい状況にあるときに、法的な手続きを行うことで借金を軽減したり、あるいは免責することを言います。有名なものだと任意整理、自己破産などが挙げられます。これらは法的な手続きに則ってはいますが、お金を貸した側からすると大きな損失であることに間違いありません。ですので、ブラックリスト入りしてしまう理由になるわけですね。ちなみに、債務整理の中でも自己破産が最もブラックリストの中では重たい扱いになっていることが多いです。

 

強制解約

クレジットカードを利用していて、ある日突然使えなくなった。問い合わせたところ強制解約になっていた…。頻繁にあるわけではありませんが全くないとは言い切れません。ちなみにこの強制解約も信用情報機関に記録されてしまいます。仮に使用者に非がない理由で強制解約に遭ってしまったとしても、信用情報機関に強制解約の履歴がある=ブラックリストとして扱われる可能性は十分あります。クレジットカードを利用している方は、強制解約を受けるような使い方は絶対にしないように普段から心がけておくことが大切です。

 

ブラックリストは消せる?

一度ブラックリスト入りしてしまうと二度とフリーローンの審査が受けられないのか、というと決してそのようなことはありません。

 

ブラックリストとして残されている期間はある程度上限が決められています。一定期間経過することで自動的に消去されます。それぞれの信用情報機関によって扱いが異なります。

 

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

延滞:5年
代位弁済:5年
任意整理:5年
自己破産:10年

 

CIC

延滞:5年
任意整理:5年
自己破産:7年

 

JICC(日本信用情報機構)

延滞:1年
任意整理:5年
自己破産:5年
強制解約:5年

 

延滞が理由でブラックリスト入りしてしまった場合は大体5年くらい待てば自然と解消される、ということになりますね。自己破産した場合年数が多くなるのでそこは注意しておきましょう。また、ここに記載されている期間は「延滞が解消されてから5年」だということに注意です。もしも支払いが終わっていないのなら、一生解消されることはありません。

 

ブラックリストの確認方法

実は信用情報機関は問い合わせすることで確認可能です。例えば、CICの場合だと、郵送による問い合わせ、窓口での問い合わせ、インターネット上からの確認、という三つの方法が用意されています。
もちろん個人の信用情報を取り扱っているわけですので「ブラックリストかどうか確認したいから見せて」と言ってすぐに開示してもらえるわけではありません。厳密なセキュリティのなかから安全性が確認されて初めて開示されるようになっているので、厳重な本人確認をクリアする必要があります。また、開示手数料がかかるのも忘れずに。

 

問い合わせの方法や、その時々によって確認方法が違ってくることもあるので、詳しくはそれぞれのホームページから確認することをオススメします。

 

まとめ

一度でもブラックリストになってしまうとなかなか大変なのは間違いありませんが、気をつけていればほとんど気にする必要はありません。
しかし、先述した通り、思ってもみなかったようなことが原因でブラックリストになっている可能性もありますので「落ちるわけがない」と思えるような状況なのに審査に通らない場合は信用情報機関に問い合わせてみたほうが良いかもしれませんね。
なお、信用情報機関に記録されていたブラックリストが消去された後も、各フリーローン業者に記録が残る可能性もあるので、そういった場合は同じフリーローン業者に申込みしても通らないかもしれません。他のフリーローン業者を検討してみましょう。

フリーローンランキング


このページの先頭へ戻る