フリーローンの審査に通過する!

主婦のフリーローン審査

専業主婦がキャッシングを利用する場合は、通常借り入れの際必要な免許証・保険証など身分を証明するもの以外に、妻が借入れすることの夫の同意書や夫の年収を証明する源泉徴収票などの書類、夫婦であることを証明する婚姻証明書などの書類が必要です。また審査の際夫の職場への在籍確認や、キャッシングの申し込み用紙に記入した住所に電話確認などが行われます。これほど大げさにする理由は、そもそもキャッシングの利用は、現在総量規制で年収の3分の1の範囲までと法律で決められているためです。専業主婦に融資する場合は無収入と見なされ、夫の年収の3分の1までしか融資できないのです。そこで夫の年収を把握する必要が出てくるのです。同じ主婦でもアルバイトやパートなど一定の収入があればその年収の3分の1の範囲でキャッシングを利用できるので問題ありません。ルールが厳しくなり、このように大変な手続きが必要なため、以前のように夫に内緒で借りることはできなくなりました。これは専業主婦の内緒での借り入れが社会問題となったことにより、こういったルールが作られたのです。

 

銀行のフリーローンは総量規制外

しかし、これはあくまでも消費者金融系のキャッシングから借りる場合の話で、銀行のフリーローンはこの年収3分の1の総量規制の対象から外れているので、無収入の専業主婦でも、借りることができるのです。もっともこのような夫に内緒での借金はこれはトラブルの元になるで、返済能力がなければ内緒の借り入れはくれぐれも慎重に行いましょう。しかし銀行系のキャッシングはもともと貸し出し審査がかなり厳しく、専業主婦に内緒で融資することにはかなり消極的です。また、審査に通ったとしても借入限度額が低く設定されています。

フリーローンランキング


このページの先頭へ戻る