フリーローンの審査に通過する!

フリーローン審査とクレヒスは別物

フリーローンの申込みを行い、審査の過程で「クレジットヒストリー」を確認します。これはどこのフリーローン業者も同じことです。クレジットヒストリーというのは簡単に説明すると「これまでにどのようなフリーローンを利用したことがあるのか、どれくらいの金額を借入していたのか、きちんと返済できていたのか」というクレジットに関する履歴のことです。もちろん、初めてフリーローンを申し込む人はクレジットヒストリーを持っていないことになりますが、過去に一度でもフリーローンやクレジット、キャッシングを利用したことがある方なら絶対にクレジットヒストリーが記録されています。

 

クレジットヒストリーはどこに記録されているの?

気になる記録先についてですが、こちらは信用情報機関というところに保存されています。いくつか信用情報機関がありますが、いずれも年単位で記録し続けているので、そう簡単にクレジットヒストリーを消すことはできません。また、これらのクレジットヒストリーはどのフリーローン会社も閲覧できるようになっています。つまり、過去に金融事故などを起こしたクレジットヒストリーを持っている人がフリーローンの審査でごまかそうと思っても無駄だということです。
なお、クレジットヒストリーについては本人であればこれらの信用情報機関に問い合わせることで情報の開示を求められます。少しお金がかかってしまいますが、自身のクレジットヒストリーがどうなっているのか気になる、あるいは他社借入状況がないにもかかわらず審査に通らない…といった方はチェックしてみても良いかもしれませんね。中には思いもよらぬものがクレジットヒストリーとして記録されており、それが原因で審査に通っていなかった!ということもあります。例えば、携帯電話の支払いが滞っていた…といったものが挙げられます。

 

まとめ

クレジットヒストリーはどちらかというと悪者のような扱いを受けることが多い風潮にありますが、決してそのようなことはありません。というのも、クリーンな履歴の人は「この人はちゃんと返済してくれる人だ」と判断されて、フリーローンの審査に通りやすくなることもあるからです。
毎月きちんと決められた日に決められた金額を返済できている、定期的に利用してその都度ちゃんと返済している。そういった方は良いクレジットヒストリーの持ち主だと言えるでしょう。

フリーローンランキング


このページの先頭へ戻る