フリーローンの審査に通過する!

すでに借り入れがある人は注意が必要

フリーローンに申込みをすると、必ず「他社借入状況」を申請しなくてはなりません。もちろん申請しなくてはならないものは確実に審査の対象となってきます。他社借入状況とは、申込みしたフリーローン以外のフリーローンやキャッシング、クレジットカード会社などの利用状況のことを言います。要するに「どこからいくらくらいのお金を借りているのかを教えてください」というのが他社借入状況になります。

 

他社借入が多いほど審査で不利に!

フリーローンの審査で重要視されるポイントは「返済能力に見合った借入」です。例えば毎月1万円しかお金の余裕がないのに、月々1万円以上の返済プランで借入しようとしても当然審査で蹴られます。他社借入件数・金額が多いほどそれらに充てる返済費が発生するわけですので、それに見合っただけの収入が無いとフリーローンの審査をパスするのが厳しくなっていきます。ですので、複数の他社借入状況があるなら、まずはこれらを一度整理してから申込みした方が審査に通る可能性が高まります。あまりにも多くの借入があるなら、おまとめローンなどを上手に使って1度整理するのが最も一般的な方法となっています。

 

他社借入履歴がプラスに働くこともある

人生で初めてフリーローンを利用する人よりも、過去に他社借入履歴があって、その履歴内容が極めてクリーンな人の方が審査に通りやすい場合もあります。要するに「この人はきちんと返済してくれる人」という証明になるわけですね。もちろん現在進行形で他社借入があるならマイナスに捉えられることの方が多いのですが、すでに返済済みだったり、定期的に利用していて参って確実に返済できている、という方ならフリーローン審査が有利になるかもしれません。当然一概に絶対にプラスに働くとは限らないのですが、ひとつの判断材料として覚えておいて損は無いでしょう。

 

まとめ

フリーローンを利用する時には、これまでにどのような借入があったのかを思い出してから申込みしたほうが良いと思います。借入金額にもよるのですが、2〜3社以上から借入していると審査がかなり厳しくなると言われています。これ以上になるとまず審査に通りません。もしも2〜3社以上から同時に借入しているのならおまとめローンを使ったほうが良さそうですね。

フリーローンランキング


このページの先頭へ戻る