フリーローンの審査に通過する!

フリーローンの審査に通らない理由

フリーローンは大変申し込みが簡単なキャッシングローンです。しかし、その申し込みが必ずしも承認されるとは限りません。フリーローンには「審査」があるからです。
基本的に、フリーローンは安定した収入がある人なら誰でも利用できます。アルバイトであろうと学生であろうと融資を受けることは可能です。けれども、どの会社に申し込んでも審査で落とされてしまう人も中にはいます。困ったことに、どの信販会社も審査で落とされた理由を教えてはくれません。

 

フリーローンの審査で落とされる理由とその対策

まず、フリーローンの審査で最も重視されるのは、顧客の「信用性」です。返済能力が低いと判断された顧客は審査に落とされてしまいます。
具体的な例を挙げると、現在他の信販会社から融資を受けていてその返済が完了していない場合、過去にローンの返済で延滞があった場合、ローンの返済のために第三者の融資を受けたことがある場合などの事例に抵触すると、審査の目が厳しくなります。
どの信販会社もこれらの信用情報を共有しているので、ブラックリストに載っている顧客はどうしても審査に通りにくくなるのです。
審査に落とされると、ついつい他の会社に何件も申し込みたくなってしまいますが、このような行動をとると信販会社にとっては不信用の対象に映ります。短期間にがむしゃらに多くの会社に申し込むのは避けた方がいいでしょう。
なかなかフリーローンの審査に通らない場合は、消費者金融系のフリーローンに申し込むことをお勧めします。
と言うのも、フリーローンには「銀行系」と「消費者金融系」の2種類があり、消費者金融系の会社のフリーローンは銀行系のそれに比べて審査が甘いことで有名なのです。(あくまで銀行系と比べてですの)銀行系に比べて金利が若干高いのが難点ですが、どうしても審査に通らない場合は検討してみるといいでしょう。
また、各信販会社に記録されている返済トラブル情報は一定期間で消去されるので、それまで待つというのも一つの手です。

フリーローンランキング


このページの先頭へ戻る