フリーローンの審査に通過する!

留学資金のためにフリーローンを利用?

留学資金

 

「外国に留学するための資金が足りない…」「どこからか留学資金を借り入れることができないだろうか…」とお悩みの人には、フリーローン教育ローンなどを活用することをおすすめします。留学のチャンスは人それぞれなのですが、一度機会を逃してしまうと次の機会がいつになるかわかりませんので、フリーローンや教育ローンなどを活用して留学を実現させることを検討してみてください。

 

フリーローンと教育ローンを比較してみました

 

フリーローンは利用目的が限定されない自由な目的のために活用できる金融商品ですから、留学のための資金として活用することもできます。ただし学生などがフリーローンを利用する場合にはアルバイトなどの収入により借り入れを申し込むことになりますので、実際に借り入れが認められるのは10万円〜50万円程度に限られます。またフリーローンでは通常高い金利が設定されていますので、消費者金融系のカードローンであれば15〜18%程度、また銀行系カードローンであれば3〜15%程度の金利による利息の支払が必要です。外国の大学院・大学・短大などに学業を目的として留学するのであれば、フリーローンだけでなく教育ローンの活用についても検討してみてください。教育ローンは学費としての利用を目的としていますので、在学期間が1年以上であれば海外留学のためにも活用することができます。ただしワーキングホリデーなどを利用した短期留学(在学期間が1年未満の場合)には利用することができませんので、そのような場合にはフリーローンの利用を検討してみましょう。

 

フリーローン・教育ローンの返済方法について

留学資金

 

教育ローン

教育ローンは比較的低金利で利用することができるのですが、その他に比較的返済方法に融通がきくというメリットもあります。教育ローンの場合には設定により返済の据え置きが可能ですから、たとえば留学期間中については返済の据え置きをして、帰国してから返済を行うことができるのです。ただし据え置き期間中についても利息は当然発生しますので、据え置きを利用した場合にはトータルの返済額も大きくなってしまうことになります。

フリーローン

フリーローンの場合には返済の据え置きなどはできませんので、お金を借り入れた場合には翌月から毎月返済を行うことが必要になります。海外に留学する場合には、留学期間中にどのようにして返済をするのかを事前に考えておくようにしましょう。外国にいても返済の義務はありますので、延滞などをしてしまうと大変なことになってしまいます。海外に居ながらフリーローンの返済を行うためには、次の2種類の方法を検討してみてください。

 

口座からの引き落としで返済をしましょう

 

フリーローンでは口座からの引き落としにより返済を行うことができますので、留学期間中に必要な返済額を事前に口座に入金しておくようにすれば、その後は自動的に引き落としによる返済が行われます。ただし口座の残高が不足してしまうと引き落としができなくなってしまいますので、若干の余裕を持って多めに入金をしておくことをおすすめします。

 

フリーローンを親名義で借り入れて親に返済を頼みましょう

 

最も安全な方法は、親名義でフリーローンを借り入れる方法です。もちろん親に同意してもらうことが必要になりますが、フリーローンで必要な資金を親に借り入れてもらい、留学が終わって帰国をしてから親に対して資金を返済することになります。ただしこの場合には借り入れの返済は親の責任になりますので、留学が終わったら必ず資金の返済をして、くれぐれも親に迷惑をかけないことを心がけてください。

 

留学期間中は無職の扱いになります

 

フリーローンは安定した収入を得ている人に対して融資を行う金融商品です。学生などが留学をする場合には留学期間中は収入のない無職の状態になりますので、厳密にいえばフリーローンは利用できないということになるのです。ただし実際にはフリーローンの利用中にリストラなどによって無職になってしまう人などもいますので、延滞などをせずに確実に返済を行うようにすれば特に問題にはならないでしょう。

フリーローンランキング

留学資金をフリーローンで調達しましょう!ただし留学期間中も返済を行うことが必要です/フリーローン審査ランキング関連ページ

事業資金
ギャンブルのために
結婚資金

このページの先頭へ戻る