フリーローンの審査に通過する!

ブライダルローンとフリーローンのメリットとデメリットを比較

結婚資金

 

結婚のためには多額の資金が必要になりますので、多くの人の場合には自分自身の経済力だけで工面することは難しいようです。結婚のための資金をいずれかから調達することが一般的であり、従来は親に頼るという人が多かったのですが、近年ではでは経済状態の悪化などにより、自力で資金を調達することが必要になるケースが増加しています。結婚資金を調達するための金融商品としては、ブライダルローンやフリーローンを活用することができます。今回はブライダルローンとフリーローンを比較して、それぞれのメリットとデメリットについて確認してみましたので、結婚資金を調達するための参考として活用してみてください。

 

結婚にはどのぐらいの資金が必要なのでしょうか?

結婚資金

 

一生に一度の結婚式ですので、多くの人の場合には多少の無理をしてでも、ある程度盛大に式を挙げたいと考えるようです。結婚のための費用といっても様々なのですが、中でも費用がかかるのが披露宴です。披露宴を神社仏閣で行うと190万円程度、レストランで行うと270万円程度、ホテルで行うと340万円程度の費用が必要になります。全てのスタイルを全て合わせた平均的な披露宴の費用は300万円程度です。ご祝儀をこれらの費用の一部にしたいと考えている人などもいるようですが、ご祝儀については平均で100万円程度であることが一般的です。披露宴の費用の一部をご祝儀で賄うとしても、残額の200万円程度をいずれかから調達することが必要になります。

 

結婚資金を準備するための方法について

従来は結婚資金は新郎の側が準備することが普通だったのですが、現在は新郎と新婦のそれぞれが結婚資金を折半で準備するというケースが増加しています。例えば結婚資金として200万円程度が必要なのであれば、新郎と新婦がそれぞれ100万円程度を準備することになるのです。結婚資金を借り入れで調達するのであれば、ブライダルローンやフリーローンなどを利用することができます。ブライダルローンとフリーローンにはそれぞれメリットとデメリットがあるのですが、結婚資金調達のためにはフリーローンが適しているといえるかもしれません。

 

ブライダルローンにはどのような特徴があるのでしょうか?

 

結婚式(披露宴)や結婚のための各種準備費用として活用できる金融商品がブライダルローンです。銀行などで申し込むこともできるのですが、実際には結婚式場やブライダルセンターなどで申し込む人が多くなっています。結婚式場やブライダルセンターでは結婚に関する各種の相談に応じていますし、また式場やウエディングドレス、結婚指輪や引き出物、さらにハネムーンなどに関する各種の提案も行っています。その際に費用を調達するための方法として、ブライダルローンへの申し込みを勧められることが多いのです。比較的に大きな金額の借り入れができることが、ブライダルローンの特徴になっています。結婚のための費用として最大で400万円から500万円程度の資金を借り入れることができます。ただし金利については3〜15%程度の利率が適用されますし、多くの場合には上限となる15%程度の利率が適用されることになります。この金利条件はフリーローンの金利とほとんど同じです。ブライダルローンの場合には大きな金額の借り入れができるというメリットがあるのですが、金利の面ではそれほど有利だとはいえないのです。またブライダルローンについては利用条件が厳しく定められており、多くの場合には前年度の年収が400万円以上であることが必要になります。さらに本人証明のための書類や収入証明のための書類など、各種の書類を準備して提出することが必要です。このようにブライダルローンへの申し込みはかなり面倒になりますし、さらに審査に通過することができても融資を受けたお金はそのまま結婚式場やブライダルセンターに支払われることになりますので、お金は自分の手元には残らないのです。

 

ブライダルローンへの申し込みのためには以下の書類を準備することが必要です

 

  • ブライダルローンの申込書
  • 前年度において400万以上の収入があったことを証明する書類
  • 本人確認ができる書類
  • 使途確認ができる書類

 

フリーローンにはどのような特徴があるのでしょうか?

フリーローンを結婚資金に

 

フリーローンは利用目的が限定されず自由な目的のために活用することができる金融商品ですから、結婚資金として活用することもできます。金利条件はブライダルローンと同じぐらいになりますし、また自分の銀行口座にお金が振り込まれることになりますので、それぞれの利用目的のために自由に配分することができます。例えば新婚旅行費用として調達したお金を、新居への引越し費用として活用することなどもできるのです。ただし借り入れが認められる金額はブライダルローンよりも少なめになりますので、大きな金額の借り入れを希望するのであればブライダルローンを選ぶのが有利だといえるでしょう。

 

フリーローンを結婚資金として活用するためには

 

フリーローンについてはそれぞれに金利の条件などが異なりますので、できるだけ低金利のフリーローンを選択することが重要になります。結婚資金を調達することが目的であれば、たとえば「みずほ銀行カードローン」などをおすすめします。4〜14%の金利条件で最大1000万円の借り入れを申し込むことができますし、入会金や年会費などはすべて無料で利用することができます。最短で即日融資を受けることができますので、結婚資金の調達を考えている人には最適だといえるでしょう。

フリーローンランキング

結婚資金としてフリーローンを活用してみましょう!/フリーローン審査ランキング関連ページ

事業資金
ギャンブルのために
留学資金

このページの先頭へ戻る