フリーローンの審査に通過する!

イオン銀行やみずほ銀行カードローンは専業主婦OKのフリーローン!

2010年より改正された「総量規制」によって専業主婦はキャッシングを利用できなくなりました。というのも、収入がない人は基本的に融資を受けることができなくなったからです。しかし、総量規制が適用されるのはあくまでも消費者金融。つまり、銀行系のフリーローンなら専業主婦でも利用できるところがあります。ここでは専業主婦のフリーローン利用について紹介していきます。

 

タイプから考える専業主婦のフリーローン

 

無収入+配偶者の同意なし

この条件だとある程度まとまった金額の借入は厳しくなってきます。ただし申込み自体はできるところはいくつかあります。一部の銀行系のフリーローンなら配偶者の同意がなくても、配偶者に安定した収入、継続した収入があれば申込みできる場合があるので、まずはそちらをチェックしてみるのが良いでしょう。ただし利用できる金額は相当控え目。

 

無収入+配偶者の同意あり

一部の銀行フリーローン、配偶者貸付制度を導入しているフリーローンなら利用可能となってきます。ただし、申込みの際に配偶者の同意書も提出しなくてはならないので、協力が必要不可欠です。配偶者に内緒でこっそりフリーローンを作りたい…ということはできません。

 

収入を持っている

バイトやパート、不労所得を持っている場合は基本的にどこに申込みしてもフリーローンの審査が受けられます。と言っても安定した収入でなければなりません。

 

専業主婦でも審査が受けられるフリーローンまとめ

イオン銀行カードローン

専業主婦から選ばれるフリーローンの定番と言えばイオン銀行カードローンではないでしょうか。本人が収入を持っていなくても配偶者に安定した収入があれば審査が受けられます。利用限度額は30万円〜800万円。ただしカードが発行されるまでにそれなりの期間が必要となってくるので余裕をもって申込みしておきたいところです。

 

楽天銀行スーパーローン

専業主婦でもOKで利用限度額は50万円まで。利用する毎に楽天ポイントを獲得できるので、普段から楽天市場などを利用している方に特にオススメとなっています。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

専業主婦でも申込み可能な銀行系フリーローンになります。同意書が必要不可欠。なお、収入を持たない人は審査をパスできても限度額が30万円までと控え目に設定されているのでその点は注意です。

 

みずほ銀行カードローン

収入を持たない専業主婦の方でも配偶者が安定した収入を持っていれば申込み可能となっています。収入証明や同意書の提出が不要なので最も気軽に申し込むフリーローンではないでしょうか。ただし限度額は30万円まで。

 

東京スター銀行スターカードローン

専業主婦でも限度額90万円まで借入できる銀行系フリーローンです。大体審査が終わってから1週間くらいでカードが送られてくることが多いようです。

 

まとめ

専業主婦でもフリーローンが使えるようになる時代が来るとは誰が想像できたでしょうか。基本的にいずれのフリーローン会社もインターネット上から利用条件や申込み条件などをチェックできるようになっているので、まずはこれらで確認してみましょう。
もちろんバイトやパートなどをはじめて安定した収入が得られるようになればもっと選択肢が広がっていきます。と言っても小さなお子さんがいたり、介護しなくてはならない人がいるとなかなか仕事に出かけられないですよね。
もし自宅から出られないけれど多少安定した収入が欲しい、という方は在宅ワークなどで収入を得て、フリーローンに申込みをする、という方法もあります。

フリーローンランキング

専業主婦でも審査が受けられるフリーローンって存在するの?/フリーローン審査ランキング関連ページ

水商売
フリーター・パート
個人事業主(自営業)
未成年や学生

このページの先頭へ戻る