フリーローンの審査に通過する!

個人事業主のフリーロン審査

よく言われていることですが「個人事業主(自営業)だとフリーローンの審査に通りづらい」という話を耳にしたことはないでしょうか。これはあながち間違いではないんです。その理由や対策について考えてみましょう。

 

個人事業主(自営業)向けのローン

フリーローンというのは「資金使途は自由」となっています。要するに、買い物に使っても良いし、資格をとるために勉強の費用に充てても良いわけです。ただし「事業目的は不可」と書かれています。個人事業主(自営業)がなかなかフリーローンの審査に通らないのは「本当は事業目的で使うんじゃないの?」と思われている可能性があるからです。そもそもどうしてそれが問題になるのか、というとほとんどのフリーローン会社は「事業向けローン」を用意しているからです。こっちを使って欲しいわけですね。
もちろん個人事業主(自営業)が普段の生活費のためにフリーローンを使いたいと考えることもあるでしょう。

 

個人事業主(自営業)が審査をパスするためには?

フリーローンに個人事業主(自営業)が審査を申し込む場合、一般的なサラリーマンなどと比べると内容が厳しくなると言われています。
まず、普通なら50万円まで、銀行系なら100万円〜300万円までの借入に対して「収入証明書を提出しなくてもOK」となっています。しかし個人事業主(自営業)の場合はたとえ借入金額が少額だったとしても収入証明書を提出しなくてはなりません。ここで厄介になってくるのが、前年度の収入証明書だけでなく、場合によっては直近3年分を提出しなくてはならない…といったケースも出てくることがあるようです。まるで銀行から事業資金を借入するときのようですね。
もしもフリーローンで審査の内容があまりにも厳しいと感じられる場合は、個人事業主(自営業)であることを活かして「事業者専用のローン」を視野に入れるのも良いかもしれません。当然のことですが、フリーローンの申込みでは「返済能力がある」とみなされないと審査をパスすることはできません。事業内容が軌道にのっていないときはフリーローンの審査をパスできない可能性の方が高いことは念頭においておきましょう。

 

銀行、消費者金融のどちらのフリーローンが良い?

一概には言えませんが、銀行はほとんどが事業者向けのローンを用意しているため、消費者金融のフリーローンの方が比較的審査は通りやすいのではないかと言われています。
と言っても、最近の消費者金融はほとんどが銀行のグループ傘下に入っているので、フリーローンに関して言えば審査内容はそこまで違いがない、という意見もあります。
ちなみに、最初に消費者金融でカードローンやフリーローンを組むと、いざ事業資金が欲しいときに銀行から融資が受けられないケースもあるので、選択は慎重に行うべきです。

 

まとめ

個人事業主(自営業)が利用できるローンはフリーローンと事業者向けのローンの2つがあること、そして銀行よりは消費者金融の方がより柔軟に審査に対応してもらえる可能性はあるけれど、1度フリーローンを組むと銀行などから事業資金目的の融資が受けられない可能性が出てくることの二つを念頭においておけば良いと思います。

 

個人事業主(自営業)として活動を始めて1年経っていない場合は収入証明書などの提出ができないので、脱サラから個人事業主(自営業)として活動しようと思っているなら、サラリーマンのうちにフリーローンを組んでいた方が何かと都合が良い場合もあります。これから独立しようと考えている方にオススメのテクニックですので頭の片隅にでも入れておいてください。

フリーローンランキング

個人事業主(自営業)だとフリーローンの審査に通りづらいのはどうして?その理由と対策/フリーローン審査ランキング関連ページ

水商売
フリーター・パート
専業主婦
未成年や学生

このページの先頭へ戻る