フリーローンの審査に通過する!

フリーターの審査には安定収入や勤続年数が鍵に!

これまではフリーローンは会社員などのサラリーマンでなければ審査が受けられない、という流れが続いていました。そのため、フリーター・パートといった非正規雇用の人達は申込みすらできない、と思われています。しかし実際のところはそんなことはありません。フリーローンやキャッシングに申し込むための条件は「安定した収入を持っていること」となっています。つまり、フリーター・パートでも申し込め資格は満たしていることになりますね。もちろん、定期的に安定した収入が得られているフリーター・パートの場合の話です。日雇いのバイトなどで食い繋いでいる方はもしかすると審査に落ちてしまうかもしれません。

 

消費者金融系よりも銀行系の方が有利?

審査の厳しさでいくと、消費者金融系の方が銀行系よりも易しいと言われています。しかし、これは正規雇用の人たちの話。非正規雇用の人たちからすると、案外銀行系の方が審査に通りやすいこともあります。というのが、総量規制の問題があるからです。総量規制というのは年収の3分の1以上の借入はできない、という法律。消費者金融系に適用される法律です。ということは、銀行系のフリーローンの場合は総量規制にとらわれずに借入できるようになっているわけです。実際に専業主婦でも利用できる銀行系フリローンが存在しているくらいです。ですので、フリーター・パートの方がフリーローンを利用したいと検討しているのなら、専業主婦でも利用できるようなフリーローンを選んだほうがより審査に通りやすくなるのではないかなと考えられます。
また当然ですが収入が少ないよりは収入が多い方がより審査に通りやすくなりますし、勤続年数が多ければ多いほどより有利になると言われているので、少なくとも半年、できれば1年以上勤続年数があったほうが良いです。

 

まとめ

非正規雇用という働き方で生活している人はたくさんいます。フリーター・パートだけに限らず、自営業や派遣社員などもこれに含まれてきますよね。
どのような雇用形態で働いているのかが重要なのではなく、安定して稼げているのか、きちんと決められた返済額を決められた日に振り込むことができるのか、といった点の方が重要視されています。審査に通るか不安な方は、各フリーローンのホームページに設置されているお試し審査などを活用してみて、そこから本審査に申し込むか検討してみるのも良いと思います。

フリーローンランキング

フリーローンの審査はフリーター・パートなどの非正規雇用だと厳しいって本当?/フリーローン審査ランキング関連ページ

水商売
専業主婦
個人事業主(自営業)
未成年や学生

このページの先頭へ戻る