フリーローンの審査に通過する!

即日融資対応のフリーローンの利用方法

フリーローンで即日融資を受けるためにはどうすればよいのでしょうか?在籍確認を回避することができれば審査時間を短縮することができます/フリーローン審査ランキング

 

待ったなしで必要になるのがお金です。「友人の結婚式に急に参加することになったので、ご祝儀のお金を明日までに用意しなければならない」「給料日まであと数日残っているのに、財布の中のお金がなくなってしまった」といった場合には、今すぐにお金を借り入れることが必要になります。そのような場合にフリーローンに申し込んでも、実際に融資が受けられるのが数日後であれば、フリーローンに申し込んだ意味がなくなってしまいます。それではフリーローンで即日融資を受けるためには、どのようなポイントに注意をして申し込めばよいのでしょうか。

 

審査を早く終わらせることができれば即日融資の確率が上がる

フリーローンで融資を受けるためには、「申し込みをする→仮審査を受ける(信用情報の確認が行われる)→本審査を受ける(在籍確認が行われる)→融資が行われる」というのが基本的な流れになります。それでは実際の審査では、この中のどの段階で時間がかかってしまうのでしょうか。これらの流れの中では、在籍確認のために最も時間がかかることになります。その他の作業についてはいずれも5分から10分程度で完了することができるのですが、在籍確認だけはすべて担当者が直接行うことになりますので、どうしても時間や手間がかかってしまうのです。審査を早く終わらせて即日融資を受けるためには、この在籍確認をできるだけスムースに完了させるか、あるいは在籍確認を回避することがポイントになります。

 

即日融資に力を入れている金融機関

現在はフリーローンを提供する金融機関同士の競争が激しくなっているため、いずれの金融機関でも顧客獲得のために即日融資の実現に力を入れています。その中でも特におすすめなのがアコムモビットプロミスの3社です。

 

アコム、モビット、プロミスの特徴について

アコムでは必要な書類を平日2時までに提出して申し込めば、ほとんどの場合には即日融資を受けることができます。また時間的にぎりぎりの場合であっても、即日融資が受けられるようにオペレーターが最大限協力してくれるようです。またアコムの場合には利用限度額10万円以下であれば在籍確認なしで審査を受けることができますので、確実な即日融資を希望するのであれば10万円以下で借り入れを申し込むことをおすすめします。またモビットやプロミスでは勤務先に確実に在籍していることが証明できる書類(会社の保険証、給与明細、社員証など)を提出することで、在籍確認を省略することができます。在籍確認を省略することができれば審査のスピードが圧倒的に早くなりますので、即日融資が受けられる可能性が高くなるのです。

 

「3秒診断」などの仮審査を積極的に活用しましょう

 

上記の金融機関では融資の可否が判断できる「3秒診断」などの仮審査を、各社のホームページ上で提供しています。基本的な項目を入力するだけで簡単に融資の可否が判断できますので、本審査に申し込むための目安として積極的に活用してみてください。

フリーローンランキング


このページの先頭へ戻る