フリーローンの審査に通過する!

低金利フリーローンで返済総額を少なく

低金利で利用することができるフリーローンをご紹介します!最も金利が低いのはどの金融期間なのでしょうか/フリーローン審査ランキング

 

フリーローンを選ぶ場合には、金利の条件が選択のための重要な要因になります。特に借り入れを長期にわたって利用したいという人の場合には、わずかな金利の違いが大きな返済額の違いにつながることになるのです。たとえば金利が0.5%異なる場合で考えてみると、50万円を借り入れた場合には1年間で2500円の利息の違いが生じることになります。数年がかりで返済を行った場合には、返済総額に数万円の違いが生じてしまうことになるのです。フリーローンを選ぶ際には、まずは金利の条件をしっかりと確認するようにしましょう。次の項目では低金利で利用できるフリーローンを見つけるための、金利条件の確認の方法について詳しく解説します。

 

金利条件の確認の方法について

 

フリーローンの金利条件は「○○%〜○○%」のように、一定の幅をもたせて表示されています。この場合の高い金利が上限金利、低い金利が下限金利となります。フリーローンの金利の表示を見て「表示されている中間程度の金利が適用されるのかな?」と考える人などもいるようですが、実際にはそうではありません。フリーローンに初めて申し込む人の場合には、ほぼ間違いなく最も高い金利である上限金利が適用されることになります。フリーローンを選ぶ場合には、下限金利ではなく上限金利を重視することが重要なポイントなのです。

 

上限金利が低めのフリーローンを選びましょう

 

同じフリーローンであっても、銀行系のフリーローンと消費者金融系のフリーローンでは金利の設定が異なります。これは法律により金利の上限が制限されているからであり、銀行系フリーローンの上限金利は最大で18%、また消費者金融系のフリーローンの上限金利は最大で15%に制限されています。ほとんどの金融機関ではこの制限ギリギリに上限金利を設定しているのですが、一部には顧客サービスとして低めの上限金利を設定している金融機関なども存在します。フリーローンに申し込む場合には、上限金利を低めに設定している金融機関が狙い目なのです。

 

上限金利が低めの銀行系フリーローンをご紹介します

 

銀行系フリーローンの場合には上限金利が15%程度であり、消費者金融系フリーローンよりも3%程度低めになっています。審査が厳しいというデメリットもありますが、フリーローンに初めて申し込むという人には低金利で利用することができる銀行系フリーローンがおすすめです。特にみずほ銀行の「コンフォートプラン」(金利4.0〜14.0%)と楽天銀行の「スーパーローン」(金利4.9〜14.5%)は上限金利が低めに設定されていますので、まずはこの2社への申し込みを検討してみてください。

 

→上限金利が低い楽天銀行スーパーローン

 

上限金利が低めの消費者金融系フリーローンをご紹介します

 

年収などの条件により銀行系フリーローンの利用が難しいという人の場合には、比較的審査に通りやすい消費者金融系のフリーローンに申し込んでみましょう。消費者金融系フリーローンで上限金利が低めに設定されているのはプロミスです。プロミスでは金利条件が4.5〜17.8%に設定されていますので、上限金利が18.0%に設定されている他の消費者金融に申し込むよりも有利になります。たった0.2%の金利の違いなのですが、借入金額が大きい場合や長期で利用する場合などには返済額に大きな違いが生じることになりますので、ぜひともプロミスへの申し込みを検討してみてください。

 

→上限金利と無利息キャッシングで人気プロミス

 

たかが金利ですがされど金利なのです

 

フリーローンを選ぶ場合には金利の条件が最も重要になります。私たちが一番減らしたいのは利子であり、また金融機関が一番獲得したいのも利子なのです。家の近所のATMが利用できることや各種のサービスが利用できることなども重要なのですが、やはり低金利で利用できることが最優先になりますので、上記で紹介した大手3社のフリーローンを検討してみることをおすすめしたいと思います。

 

→上低金利フリーローン

フリーローンランキング


このページの先頭へ戻る