フリーローンの審査に通過する!

誰にも知られずにフリーローンを利用するための裏技をご紹介します!フリーローンの利用がバレてしまうことはありません

誰にも知られずにフリーローンを利用するための裏技をご紹介します!フリーローンの利用がバレてしまうことはありません/フリーローン審査ランキング

 

家族や会社の同僚などにフリーローンを利用していることを知られてしまうと、あなたの立場が悪くなってしまうかもしれません。フリーローンを利用するのであれば、だれにも知られないようにこっそりと申し込みたいものです。現代のフリーローンでは利用者のプライバシーを重視していますので、周囲の人たちに知られないような様々な工夫や配慮をしています。今回はフリーローンを利用していることがバレてしまう理由と、それを防ぐための方法について詳しく解説したいと思います。

 

フリーローンの利用がバレてしまう2つの理由について

 

フリーローンの利用を周囲に知られてしまうことには様々な理由があるのですが、特に多いのは次の2つです。

 

  • 金融会社からの郵便物でバレてしまう場合
  • 電話による本人確認でバレてしまう場合

 

金融会社からの郵便物でバレてしまうことを回避するためには

 

フリーローンを利用した場合には、契約書類、月々の利用明細、返済の領収書の3種類の書類が郵送で送られることになります。各種の書類については、インターネットから申し込むことで発行を省略することができます。特にweb完結を利用すれば全ての書類の発行を省略することが可能になりますので、web完結のサービスを提供しているアコム・モビット・プロミスなどへの申し込みをおすすめしたいと思います。アコムやモビットではスマホから申し込むことができる専用アプリの提供を行っていますので、これをダウンロードして活用すれば誰でも簡単に申し込むことができるはずです。また自動契約機を利用した場合にも書類の郵送を回避することができます。自動契約機を利用すれば書類がその場で発行されますので、自宅に郵便物が送付されることがないのです。自動契約機では画面の指示に従えば簡単に申し込みや契約ができますし、その場で書類などを提出することもできますので、パソコンが苦手な人には最適の申し込み方法だといえるでしょう。

 

電話による本人確認でバレてしまうことを回避するためには

 

電話による本人確認でフリーローンに申し込んだことがバレてしまうのを回避するためには、借り入れ希望額50万円以下でフリーローンに申し込むことをおすすめします。借り入れ希望額が50万円以下の場合には電話による勤務先への在籍確認を書類の提出などによって回避することができますし、さらに借り入れ希望額が10万円以下であれば一切の確認作業を省略することができるのです。またどうしても電話による本人確認が必要な場合には、会社の同僚などに「カードを作るための電話確認がありますのでよろしくお願いします」などと伝えておくようにしましょう。単に「カード」と伝えるようにすれば、同僚にはクレジットカードに申し込んだのかフリーローンのカードに申し込んだのかはわからないはずです。また自宅への電話確認が必要な場合には、電話の日付と時間を指定して自分で出るようにしましょう。どうしても家族の目が厳しいという場合には、携帯電話に連絡をしてもらうという方法もあります。

 

電話による確認を心配する必要はありません

 

電話による在籍確認などに不安を感じる人が多いようですが、実際にはそれほど心配をする必要はありません。フリーローンのための在籍確認であることがわからないように、金融機関の担当者は会社名を伏せて個人名で電話をします。電話の内容は「○○と申しますが○○様はいらっしゃいますか?」といったものであり、在籍していることが確認できれば数秒〜数十秒程度で終了します。同僚や家族などが電話に出たとしても、特に不審に感じることはないはずです。

フリーローンランキング


このページの先頭へ戻る