フリーローンの審査に通過する!

過払い金の発生の仕組み

過払い金はなぜ発生するのか?

 

近年、「過払い金」という言葉をよく耳にしませんか?過払い金とはフリーローンなどで発生した本来払う必要のない利息のことで、それを取り返すことを過払い金請求と言います。しかし、そもそも過払い金はなぜ発生するのでしょうか?そして今でも発生することはあるのでしょうか?早速見ていきましょう。

 

今でも過払い金は発生するのか?

 

結論から言ってしまうと、現在のフリーローンで過払い金が発生することはありません。過払い金とは本来払う必要のない利息のことを指しており、グレーゾーン金利と呼ばれる曖昧な金利によって生じていました。フリーローンの金利というのは金融機関側が勝手に決められるものではなく、法律に定められた上限が存在します。現在の上限は以下のように定められています。

 

  • 10万円未満の借入…20%
  • 10万?100万円未満の借入…18%
  • 100万円以上の借入…15%

 

もちろんこの法律は守らなくてはなりません。グレーゾーン金利というのはこれらの上限を超えた金利のことです。そこから発生した払う必要のない利息を過払い金と言うんです。では、なぜ取り締まることができなかったのでしょうか?それは、先ほども言ったようにグレーゾーン金利が非常に曖昧な金利だったからなんです。と言うのも、グレーゾーン金利は上記のような利息の上限を定めた利息制限法の上限は超えていたのですが、多くの金融機関が則っていた出資法というまた別の法律に定められた上限29.2%を超えていなかったため取り締まることができなかったんです。しかし、最初にも言いましたが、現在のフリーローンで過払い金が発生することはありません。貸金業法の改正によりグレーゾーン金利が撤廃されたんです。

 

過払い金が発生する金融機関

 

もう一度言いますが、現在のフリーローンで過払い金が発生することはありません。しかし、法定金利を守らない金融機関は別です。例えば、ヤミ金など法外な金利でお金を貸し出しいるところでは今でも過払い金が発生すると言えます。もちろん本来払う必要のない利息ですので過払い金請求を行えば取り返すことができますが、相手も法外だと分かった上で貸し出しているため簡単に話が付くとは考えられません。それに相手はヤミ金です。暴力や脅迫めいたことも平気で行います。ヤミ金相手に過払い金請求を行う場合には、必ず弁護士を付けるようにしてください。場合によっては警察の力を借りることにもなるかもしれません。

 

過払い金の時効まとめ

過払い金のことについて少しは理解できましたか?では、なぜ近年頻繁にCMなどで過払い金請求について呼びかけているのでしょうか?それは、過払い金には時効が存在するからなんです。過払い金の時効は10年で、10年以上前に発生した過払い金は取り返すことができません。貸金業法が改正されグレーゾーン金利が撤廃、過払い金請求が可能になったのが2006年です。今まではそれ以前に発生した過払い金を取り返すことができたのですが、今年2016年で過払い金の時効が10年に達するため取り返すには今年が最後のチャンスとなっているんです。ただ、完済したのが2006年ならそれ以前に借り入れて発生した過払い金も取り返せるため、心当たりのある方は1度弁護士や司法書士、行政書士に相談してみると良いでしょう。無料の相談会も定期的に開かれているので是非参加してみてください。

フリーローンランキング


このページの先頭へ戻る