フリーローンの審査に通過する!

フリーローンの申し込み方法

フリーローンを利用したことのない方にとっては、そもそも申し込みはどのように行うのかすらもよく分からないものではないでしょうか。
フリーローンの申し込みには、現在主流となっているインターネット上からの申し込みと、電話や無人契約機からの申し込みなどの昔ながらの方法があります。フリーローン業者によって申し込みから借入までのすべての手続きがインターネット上だけで完結する場合もありますし、無人契約機でのカード発行を行う必要のある場合もあります。これについては各業者の口コミなど見て確認しておくといいでしょう。

 

多くの方がインターネットからの申し込みを利用

最近はインターネットの普及に伴い、インターネットからの申し込みが大変便利になっています。
インターネットでの申し込みには大変スピーディーな対応をしてもらえるというメリットがあります。中には融資完了まで30分程度で済んでしまう業者もありますので、急いで融資をしてもらいたい場合でも安心です。
ですが、インターネットでの申し込みに際してはいくつか注意すべき点があります。

 

入力事項は少しですが入力ミスをしないように

まず、インターネットではフリーローン申し込み画面で必要事項を入力する必要がありますが、この時に間違った情報を入力しないように気を付けてください。キーボードを使用した入力の場合は誤字脱字の確認を怠りがちですので、情報を送信する前にもう一度しっかりチェックするようにしましょう。
それから、入力した内容は保存しておくということ。特に他社での借り入れがある場合はその金額を入力しているはずですので、その部分はしっかり保存しておいてください。
どうしてそんなものを保存しておく必要があるのか、不思議に思うかもしれません。
実は、申し込み後にフリーローン業者から申し込み時に入力した内容について確認の連絡が入る場合があるのです。この時に入力しておいた内容と異なる内容の返答をしてしまうと、あなたの信用が落ちてしまう可能性があります。そうした状況を避ける為、入力内容は手書きでも構いませんし、ブラウザキャプチャでも構いませんので手元に残しておくようにしましょう。

 

提出書類を準備してから申し込むとスムーズ

フリーローンの申し込みを行うと、まず申込み内容を元に仮審査が行われます。借り審査通過後に融資額が決定されて本審査へと移るわけですが、本審査でOKの返事をもらうことで実際の借り入れが可能になります。
そしてこの時に必要書類を提出する場合があります。大体のフリーローン業者で必要となる書類は概ね重複していますので、以下にそれらを紹介します。

 

身分証明書

運転免許証・パスポート・健康保険証のコピーなど。

所得証明

源泉徴収票・直近2,3ヶ月分の給与明細・課税証明書・確定申告書のコピーなど。

 

所得証明に関しては融資額が50万円以下の場合は不要な場合が多いですが、念のため用意しておくといいでしょう。
他に申し込みの際に必要な個人情報や勤務先の連絡先などもメモなどに用意しておくと、フリーローンをスムーズに行うことができます。

フリーローンランキング


このページの先頭へ戻る