フリーローンの審査に通過する!

無担保で融資が行われるフリーローン

担保なしのフリーローン

 

お金が何もないところから出てくることはありませんが、フリーローンを利用すればある意味何もないところからお金が出てくることになります。フリーローンは担保なしで借り入れができる便利な金融商品なのですが、それではなぜフリーローンでは担保なしで借り入れを行うことができるのでしょうか。今回はフリーローンの仕組み借り入れ条件について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

フリーローンの借入条件について

 

フリーローンでは担保なしで借り入れを行うことができます。申込者の信用に基づいて融資が行われますので、審査の際には申込者の年収が確認されるのです。金融機関ごとに条件は異なるのですが、年収については200万円以上であることがフリーローンの審査に通過するための目安になります。その他には過去の利用履歴や他社借り入れの有無についても確認されます。過去に延滞などの履歴があると審査には通らなくなりますし、またフリーローンには借り入れの限度額を年収の3分の1までに制限する総量規制が適用されますので、すでに他社借り入れを利用している人の場合には審査には通りにくくなってしまうのです。

 

フリーローンが無担保で成立する仕組みについて

 

金融機関ではフリーローンで融資を行うことにより収益を獲得しているのですが、貸し倒れなどが発生してしまうと貸し付けた金額は全て損失になってしまいます。金融機関では利益リスクのバランスを考えて、一部の貸付で損失が発生しても十分な利益を獲得できる条件で融資を行っているのです。初めてフリーローンに申し込む利用者に対しては、まずは少ない利用額で融資を行います。貸付の金額が少額であれば貸し倒れが発生しても損失は少額になりますので、他の利用者からの利益で十分に損失を補填することができるのです。また確実に返済を行う利用者に対しては、その後利用限度額の拡大を行います。たとえばはじめての申し込みの際に10万円の利用限度額を設定した場合には、その後一定の利用履歴を積み重ねることにより借り入れ限度額を10万円→30万円→50万円と拡大します。フリーローンを提供する金融機関ではこのような仕組みにより、貸し倒れによる損失のリスクを抑えながら利息による収入を増やしているのです。

 

無担保ローンと有担保ローンのそれぞれのメリットを確認してみましょう

担保あり・なし

 

無担保ローンと有担保ローンにはそれぞれにメリットがありますので、たとえば担保として利用できる自宅などの資産を有している場合であっても、利用条件によっては無担保ローンを選択した方が有利になることもあります。無担保ローンと有担保ローンのメリットを確認して、利用目的に応じたローンを選択するようにしましょう。

 

無担保ローンのメリットについて

 

無担保ローンでは担保の確認や査定などの手続きが不要になりますので、スピード審査スピード融資が可能になります。即日融資に対応することも可能ですから、急にお金が必要になった場合などにも余裕を持って対応することができるはずです。また無担保ローンでは担保を提供する必要がありませんので、仮に返済不能になったとしてもすぐに家や車などを失ってしまうことはありません。いずれかの手段でお金を調達して返済をすれば、今までと同じように家や車を使い続けることができるのです。

 

有担保ローンのメリットについて

 

有担保ローンでは借り入れの際に担保の提供を行いますので、比較的大きな金額の借り入れを行うことができます。仮に貸し倒れが発生したとしても金融機関は担保を売却することで貸付金を回収することができますので、有担保ローンでは担保の処分価値程度の金額を借り入れることができます。たとえば3000万円程度の価値がある自宅を担保にすれば、3000万円程度までの借り入れができることになります。また無担保ローンでは貸し倒れのリスクに備えるために高額な金利が設定されていることが一般的なのですが、有担保ローンの場合には貸し倒れの可能性が低いため、通常は有担保ローンよりも低金利で利用することができるのです。無担保ローンでは15%程度の金利が設定されることが多いのですが、一方の有担保ローンであれば2〜3%程度の金利条件で利用することができます。借入額が大きい場合には金利の違いによって返済総額が大きく異なることになりますので、大きな金額の借り入れを希望するのであれば有担保ローンを選択することをおすすめします。

フリーローンランキング


このページの先頭へ戻る