フリーローンの審査に通過する!

キャッシングとローンの違い

キャッシングにしてもローンにしても、申し込みをすると審査が行われます。審査の基準や内容は、あまり明らかにされていないので、間違った知識を持ったまま審査を受けられる方もおられます。ここでは、キャッシングとローンの内容や審査の違いについて知って頂き、正しい知識を持って頂きたいと思います。

キャッシングの特徴

キャッシングとは、現金の借入を行ったら、翌月や一定の期間後に借りた額の全額を一括返済することが、基本となっています。最近では、返済方法も色んなパターンができてきていることから、毎月一定額を返済していくという方法もされるようになってきました。ですので、ローンとキャッシングとの違いが曖昧なものとなってしまっているのです。
キャッシングは、小額を短期的に借りるというシステムだったので、金利は高いのですが、無担保、無保証人でサービスを受けることが出来ていました。しかし、最近では、長期的に活用される方が増えてきたので、トラブルや返済の遅延が目立つようになり、審査の基準も見直しをされるようになりました。

 

キャッシングの申し込みの際に受ける審査は、申し込み者が返済能力があるかどうかや、トラブルを起こす可能性が無いかなどを確認するのです。金融会社もお金を貸すことで会社を運営しているので、返済されなければ、金融会社の運営自体に響いてくることにもなりかねません。
一方ローンは、大きな額を長期に渡って借りるということが一般的なシステムです。ローンは、担保が必要になってきます。しかし、金利は低く設定をされています。

ローンの特徴

ローンの最大の魅力は、金利の低さです。多額の借入をするようであれば、キャッシングを利用してしまうと、金利がかなり膨らんで、返済が追いつかないということにもなりかねません。ですので、大きな額を借りたいと思われている場合は、ローンを利用するようにして下さい。
しかし、ローンの審査基準は、キャッシングを利用するよりも厳しくなっています。ローンは金利も低く、大きな金額を借りることが出来るので、利用をしたいという方も多いのです。ですので、金融会社も大きな金額を貸すことになりますので、審査は厳しくなります。
ローンの審査基準は、キャッシングと同じで、申し込み者が返済能力があるかどうかや、トラブルを起こす可能性が無いかなどを確認します。また、キャッシングとは違い、ご家庭の住宅や車、教育ローンなどと言った生活を助けることを目的としているのも、ローンならではの特徴でもあります。企業の場合は、投資を支援して企業の発展をお手伝いすることを目的としてお金を貸しています。
ローンは、単にお金を貸すだけでなく、経済活動の補助の役割も担っているのです。

フリーローンランキング


このページの先頭へ戻る