フリーローンの審査に通過する!

フリーローンの審査に落ちてしまう場合にはそれなりの理由がある

再審査の注意点

 

「フリーローンの審査に一度落ちてしまうと、再審査に申し込んでも通らないだろう」と考えて、再審査への申し込みを躊躇している人が多いようです。ただしフリーローンの審査に落ちてしまう場合にはそれなりの理由がありますので、これを改善することができれば再審査に通過することは十分に可能になります。今回は再審査に申し込む際に注意をしたい5つのポイントをご紹介します。意外に知られていない項目などもありますので、しっかりと確認してみてください。

 

借り入れ希望額は少なめに申告しましょう

 

借り入れ希望額が大きすぎると、それが原因で審査には通らなくなります。フリーローンには総量規制による年収の3分の1の制限が適用されますので、年収が300万円の人であれば100万円までの借り入れが認められることになります。ただし実際に100万円を借り入れ希望額として申し込むと、審査に落ちてしまうという場合が多いのです。たしかに制度上は100万円までの借り入れを申し込むことができるのですが、フリーローンを提供する金融機関では返済不能などによる貸し倒れを警戒しているため、初めて申し込む人に対しては少額の融資しか認めません。初めての申し込みの際には借り入れ希望額を少なめに申告することをおすすめします。たとえば借り入れ希望額を10万円程度で申し込むようにすれば、ほとんどの人の場合には審査に通過することができるはずです。またさらに延滞などをせずに確実な利用履歴を積み重ねれば、その後利用限度額の拡大が認められる場合などもあるようです。

 

利用目的を明確にしましょう

 

フリーローンは利用目的が限定されない金融商品ですから、基本的には自由な目的のために利用することができます。ただし特定の利用目的の場合には、審査に通らなくなってしまうことがあるようです。たとえば他社借り入れの返済やギャンブルなどの利用目的の場合には、金融機関は貸し倒れを警戒して融資を行いません。これは利用者に関する過去のデータにより、実際に貸し倒れの可能性が高い事が判明しているからです。再審査の際には「生活費のため」「旅行のため」「冠婚葬祭のため」などの具体的な理由を明確にして申し込むことをおすすめします。

 

金融機関にはそれぞれの特徴があります

 

一般的には銀行系のフリーローンは審査が厳しく、消費者金融系のフリーローンは審査に通りやすいとされています。ただし実際にはそれほど単純ではなく、消費者金融系のフリーローンの審査にに落ちてしまった人が、その後銀行系のフリーローンの審査に通過したという事例などもあるようです。各金融機関ではフリーローンの審査基準は明確にしていませんが、審査の際に重視する項目は金融機関ごとにそれぞれ異なります。年収を重視する場合もありますし、年齢を重視する場合もあります。職業を重視する場合もありますし、過去の利用履歴を重視する場合もあります。年齢が高い人や年収も多い人の場合には、銀行系フリーローンへの申し込みをおすすめします。年齢が若い人やパートやアルバイトなどの人の場合には、消費者金融系のフリーローンへの申し込みを検討してみてください。

 

正しい情報を正直に申告しましょう

 

申し込みの内容に嘘があると審査には通りません。また審査を有利にしようとして申し込み内容を誇張した場合にも、やはり審査には通らなくなります。申し込みの際には正しい情報を正直に申告するようにしましょう。申し込み書類には年収や勤続年数や他社借り入れの状況などを記入することになるのですが、実際の審査では信用情報機関に対する情報の照会が行われるため、申し込みの内容に嘘があるとすぐにバレてしまうのです。フリーローンは担保や保証人なしで借り入れができる金融商品なのですが、あくまでも個人の信用に基づいて融資が行われることになりますので、申し込みの内容に嘘があると信用が低く評価されて審査に落ちてしまうことになります。逆に申込者にとって都合が悪い情報であっても、正直に正しく申告すれば信用が高く評価されて審査に通過できる場合などもあるようです。

 

使わないクレジットカードは解約してしまいましょう

 

クレジットカードにはキャッシング枠が付帯していることが一般的です。クレジットカードに申し込むと自動的にキャッシング枠が付いてくることが多いため、複数のクレジットカードを所有している人の場合には多額のキャッシング枠を保有していることになります。フリーローンの審査の際にはクレジットカードのキャッシング枠についてはお金を借りているものとみなされますので、まったく利用していない人の場合でも審査の際には不利になってしまうのです。たとえば通常であれば100万円の借り入れが認められる人であっても、キャッシング枠を合計で30万円保有している場合にはその分を除いた70万円までしか借り入れが認められません。使わないクレジットカードを保有している場合には、クレジットカードを解約してしまうことで再審査に通りやすくなるかもしれません。

 

再審査に通過するための秘訣はあるのでしょうか?

 

まずは審査に落ちてしまった理由について考えてみましょう。審査に落ちてしまった理由を金融機関に問い合わせても教えてもらうことはできませんが、上記で紹介した5つのポイントを確認すれば理由が思い当たるかもしれません。それを改善すれば再審査の通過率を高めることができるはずです。

フリーローンランキング


このページの先頭へ戻る