フリーローンの審査に通過する!

フリーローンの返済について

フリーローンの返済

 

借りたお金は返さないといけません。「あたりまえでしょ」と言われそうですが、その当たり前のことができずに苦しんでいる人が大勢いいるのが今の世の中の現状です。
まるでフリーローンが悪いかのように言う人がたまにいますが、当然ながら返さない人に問題があるわけです。
返済が滞り、一定期間を過ぎてしまうと名前が情報機関のブラックリストに載ってしまい、今後、大手のフリーローンなどからお金を借りることができなくなってしまうのです。当然催促の電話もかかってきます。最近では昔のような取り立ては行われなくなってきたとは言うものの、精神的に非常に追い詰められます。

 

計画的に借りてキッチリ返済

借りたお金が返せない状況はローン会社にとってもあなた自身にとっても非常に困った事態であると言えます。そんな事態を避けるためにも、よく考えた上で借りて計画的に返済することは大変重要なのです。
自分が借りようと思っている金額は収入と比べて妥当なのか、本当に必要なお金なのか、また、もっと少なくても良いのではないか。などをとことん考えてから借りるようにしてください。そして、完璧な返済計画を立ててください。いくら完璧に返済計画を作ったところで人生に突然の出来事はつきものです。なので、返済計画は自分が大丈夫と思う金額よりも、少し楽な金額を考えましょう。そして、万一返済が遅れそうな場合は、前もってフリーローンに連絡を入れることも大切です。お金を借りる時は必ず返済計画をきっちりと考える。これは最も大切なことであると言えます。

 

社会人として、家族単位でもお付き合いに、急な出費に迫られるというのは誰にでも有り得ることです。必用な時に必用な額を簡単に引き出すことが出来るカードローンはピンチの時の大きな味方となってくれます。しかし、カードローンはあくまでも一時借入れであって返済が必用なものですので、返済の計画もきちんと考えた上で利用したいものです。さて、カードローンを始めとしたフリーローンの返済方法には、いったいどのようなものがあるのでしょうか。フリーローンの返済方式を簡単に解説。

 

元利定額リボルビング方式

よく知られるのが元利定額リボルビング方式ですが、これは毎月利息を含めた一定の額を返済するというもので、金額が固定されているため返済がしやすい反面、生活状況などが変わり収入が減った場合でも返済額を変えることが出来ないというデメリットもあります。

 

残高スライド方式

一方、固定額ではなく、借入金の残高によって返済金額が変動するという残高スライド方式という返済方法もあります。
この方法では、残高が減って行くにつれ返済金額も小さくなって行きますが、その分返済期間が長くなるので、月々の返済額が一定の『元利定額リボルビング方式』のほうがいいのか、期間が長くても額が小額となったほうが返しやすいのかは、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことになります。

 

返済には、予め登録してある口座からの引き落とし、相手の口座への振込み、また、ATMの利用など、その手段にも様々なものがありますので、こちらも自分が利用しやすいものを選ぶといいでしょう。

 

延滞してしまうリスクを下げるコツ ― それは「計画的な利用・返済」

フリーローンの返済方法/フリーローン審査ランキング

 

借入したお金を返さなくてはならないということは、誰でもよくご存知のことでしょう。しかし、極力避けるべきなのですが、事情によって返済が遅れてしまうということもあるかもしれません。
では、実際にフリーローンの返済に遅れてしまったときには、どのようなことになるのか、というのはご存知でしょうか。

 

わざとではなくても、もしも延滞してしまったら…?

フリーローンで借りたお金は、借入先によって日付はまちまちではありますが、基本的に毎月決められた日に返済していく必要があります。
とはいえ、急な出費が重なってしまって返済日にお金が足りないとか、うっかり返済日を忘れてしまったとか、あるいは勘違いで返済に遅れてしまうということもあるかもしれません。
「たとえ遅れても、すぐに返せばそれでいいじゃないか」
という気持ちもわからないわけではありませんが、やはりそこはきっちりと管理・返済するのが筋というもの。もし延滞してしまった場合には、延滞した期間にかかわらず遅延損害金信用情報への記録などのペナルティがついてしまいます。

 

遅れた分だけ損をする!遅延損害金

返済日に遅れてしまったら遅れた分だけ、遅延損害金として、本来なら支払う必要のなかったお金が返済額に上乗せされてしまいます。その額は年利で消費者金融なら20%程度銀行なら14〜16%程度となっており、決して低い額ではありません。実際には延滞した日数分を支払うだけなので、場合によっては少額に感じる場合もあるかもしれませんが、損をしていることは間違いありませんし、遅延損害金を払うメリットというものも当然存在しません。

 

今後に影響する!信用情報

借入にあたって審査を通過する必要があるということはみなさんがよくご存知のことだと思います。そして、その審査の際に判断材料として絶対に参照されるのが個人信用情報です。そこには、個人が今までにどこでいくら借りたのか、どれくらい返済しているのか、延滞した過去はないか、などといった情報がしっかりと記録されています。
それを審査の際に参照されるわけですから、延滞などの傷があればかなり審査にマイナスとなってしまうことは避けられません。
長い期間でみて、1度や2度の延滞であれば、急なトラブルやうっかりミスだろうということで、致命的な傷とまでは言えないかもしれません。しかし、頻繁に延滞しているとか、延滞状態が数か月に渡るほど長期となっている場合には要注意です。
新たにフリーローンやキャッシングなどを契約するときに審査に通過できない可能性があることはもちろん、住宅ローンマイカーローンなどのように、まとまったお金を借りなければならない大切なシーンで借入するときにも、その傷が元で門前払いとなってしまうのです。

 

延滞しないため、計画的な利用&返済を心がけましょう

実際に借入を行うにあたって、返済計画を立てることは非常に大切です。
「自分の収入に対して、月々の返済がいくらまでならスムーズに返済していくことができるのか」ということをしっかり把握していなければ、無茶な額を借入してしまうとか、返済のためのお金を返済日まで手元に残しておくことができないというような事態を招くことになります。
事実、返済額をいくらにするか、ということはかなり大切で、総返済額にダイレクトに影響を与えます。利息が同じならば、返済期間が短いほうが返済総額は低いというのは当然のことですし、できるだけ素早く返してしまいたいものです。しかし、収入とのバランスの悪い高額な返済を続けることになれば、延滞してしまうリスクも高くなります。
フリーローンは、そのローンごとに定められている最低返済額をクリアしていれば、返済額を自分で自由に決定することができます。たとえば、ボーナス月にまとまった金額を繰り上げ返済することができれば返済期間を短くすることもできますし、自分の収入やライフスタイルにあった無理のない金額をしっかりと考えたうえで設定し、計画的な利用と返済を心がけるようにしましょう。そうすることで延滞してしまうリスクはかなり低くなるのではないでしょうか。

 

返済方法にも注目!

借入したお金を返済するための方法を考えることも大切です。ATMで返済することが最もポピュラーな返済方法ではありますが、口座振替での返済や振込での返済などの方法もあります。
しかし、ATMや振込での返済は、うっかり忘れてしまうということも考えられますし、手数料が発生してしまうことが多いですから、毎月返済するとなるとその総額は馬鹿になりません。
そのため口座振替での返済がオススメ、と言いたいところですが、金融機関によって特定の銀行口座を持っていることが条件だと指定されていることなどがあり、誰でもすぐに利用できるとは言い難いのです。そのような場合には、外出先や夜間のコンビニなどで提携ATMを利用して返済するほうが便利ということになるかもしれません。
やはり、借入にあたって、自分のライフスタイルや環境と借入先の返済方法を綿密にチェックしておくということが大切なのですね。

 

完済まで気を抜かず、計画性が大切!

「毎月きちんと返済しているし、そろそろまた借入してみてもいいかな…」という風に気が緩んだりしてはいけません。最初にせっかくバッチリな返済計画を立てて、それに従って順調な返済を進めてきたのに、ここで新たに借入してしまっては返済計画が崩れてしまいます。借入が増えると、返済期間が延び、その分の利息も当然発生しますし、残高が把握しづらくなってしまいます。
このようなことを続けるうちに、延滞のリスクはどんどん高くなっていくものなのです。
ちなみに、どうしても返済日に遅れてしまいそうだというときは、その事実が判明した時にすぐに担当者に連絡を入れるようにしましょう。連絡すれば延滞したことにならないというものではありませんし、遅延損害金などが発生することも変わりありませんが、黙って延滞するよりも担当者の心象がずいぶんと変わります。
根本的に金融機関と利用者の間の信頼関係というものがとても大切なわけなのですから、どうしても遅れてしまうというならそれはそれで仕方がありませんし、今後の関係のことも考えて真摯な対応をしておいて損をすることは何もないのです。

 

フリーローンランキング


このページの先頭へ戻る